1. まとめトップ

FPTジャパンってどんな会社?ベトナム最大IT企業FPTソフトウェアの日本法人について

ベトナム最大IT企業FPTソフトウェアの日本法人、「FPTジャパン」についてまとめました。

更新日: 2017年09月29日

BearTreeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 4600 view
お気に入り追加

ベトナム最大IT企業FPTソフトウェアの日本法人として設立された企業。東京(大門)、大阪、名古屋、福岡に営業拠点があり、2015年に設立10周年を迎えた。
https://www.fpt-software.jp/about-us/fpt-japan/

母体であるFPTコーポレーションは、約30,000名の社員を抱える大企業である。

▼FPTジャパンの基本情報

FPTソフトウェアは、Neopost、マイクロソフト、東芝、日立、パナソニック、キヤノン、IBM、HP等の世界の大手企業のパートナーとなっております。

▼FPTの製品

▼日本企業とのつながり

我々がよく知る日本企業とのプロジェクトが多くありました。

日立情報がベトナムにオフショア開発センタを開設
-FPTコーポレーションとの連携を強化-

FPT(ベトナムの大手IT企業) NTTデータ元社長の浜口友一相談役(70)を社外取締役として迎える

▼そもそもオフショア開発とは?

オフショア開発とは、システム開発を海外(オフショア)へ委託することです。最大の魅力は、経済格差による大きなコストメリットを生み出すことです。これまで、中国やインドでのオフショア開発が主となっていましたが、文化が近く"親日"のベトナムが台頭してきました。

▼大学や専門学校など教育機関との連携について

▼新たな試み

新たに「FPTスタッフィング」という人材紹介サービスを、2017年からスタートさせたようです。
もともとはオフショア開発で日本顧客へコストメリットを提供していたのですが、そこから派生して、日本全体の人材不足に対応するために立ち上げられたサービスだそうです。このサービスでは、IT人材以外の登録も多いので、様々な業界への下支えをすることが出来るのではないかと感じています。

1 2





BearTreeさん