1. まとめトップ

クロアチアの南にある都市「ドゥブロブニク旧市街の散策」世界遺産を体感する魅力とは?

ドゥブロブニク旧市街やスルジ山・ロクルム島の楽しみ方を一挙にご紹介!穴場スポットも?!

更新日: 2016年10月11日

3 お気に入り 3196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pontaspontasさん

映画のワンシーンのような街並み。
穏やかな明かりが照らす石造りの建物と道が誘う世界遺産の都市「ドゥブロブニク旧市街」
世界遺産といえど、あまり知られていないドゥブロブニク旧市街。

その魅力について、まとめてみました。

ドゥブロブニク旧市街 とは?

クロアチアの南端・アドリア海沿岸の都市「ドゥブロヴニク」は、中世から海洋貿易で得た財力によって発展してきた。

また、独特の専守防衛精神にのっとった外交政治を行うことで、長く厳しい歴史を通じて、独立した都市国家の地位を守り続けてきた稀有な都市でもある。

ドゥブロブニク旧市街は、クロアチアの南端に存在します。
飛び地に存在するドゥブロブニク旧市街は、独特な文化を築き上げ、その歴史を刻んできました。

紅の豚の舞台となったダマルチア海岸が有名

ドブロブニクの話に入る前に、『紅の豚』の舞台となったダルマチア海岸を紹介しておこう。クロアチアのアドリア海沿岸はダルマチア地方と呼ばれている。『紅の豚』でも島々が点々と連なる美しい景色が描き出されていたが、海岸と島々が平行に並んだ景観は「ダルマチア式」と呼ばれ、この地域特有の絶景となっている(

こちらは知っている人も多いかも?

紅の豚の舞台となったダルマチア海岸は、ドゥブロブニク旧市街に入る前に存在します。
確かに、ドゥブロブニク旧市街は世界観の雰囲気が紅の豚に似ていますね。

ロヴリイェナツ要塞

絶対行っておくべきところがドブロブニクには存在するが、それは旧市街に入っていないが、インペリアルホテルの正面に見えるロヴリイェナツ要塞(Tvrdava Lovrijenac)である。(中略)なにも考えずに海岸沿いのほうにジャンジャン下りるように行ってみれば、必然的に要塞に上れる階段に出てくる。

ドゥブロブニク旧市街を観光する際にあまり注目されない?場所のようですが、オススメのロヴリイェナツ要塞!写真でもわかる通り、その存在はまさに圧巻です!中々長そうな階段がありますが、中を観光することも可能なようです。

日光浴や海水浴を楽しむ ロクルム島

ドブロブニク近郊の島、ロクルム島は海水浴や日光浴を楽しんだりのんびりするのに最適な島です。ドブロブニク旧市街旧港からフェリーが30-1時間おきに出ているので、気軽に訪れることができます。
島内には植物園や野生のクジャクも生息しています。美味しいレストランやカフェなどもあります

観光だけ?と感じますが、実は海水浴なども楽しむことができます。
の~んびりするのに最適な島!
日頃、時間に追われることが多いですが、自然の中でゆったりとした時間を過ごすというのも本当にオススメ!

観光だからとアレコレ歩き回らずに、1日くらいゆっくりその場所を堪能するという楽しみ方もすごくいいですよ!

どんな場所?

ドゥブロヴニクの海岸の目と鼻の先にあるロクルム島は、緑がいっぱいで、自然の美しさがあふれています。松の木の間をハイキングしたり、由緒ある建物を見学したり、人里離れた入り江で泳いだり。車の乗り入れや宿泊は禁止されているため、この島はリラックスした日帰り旅行にぴったり

まず、ロクルム島には船で渡ります。
ロクルム島は無人島なのだそうですが、意外と大きく広いようです。
ツアーなどもありますので、そういったものを利用するもよし、地図をもって自分で好きに散策するもよし、のんびりと島を堪能するもよしといった楽しみ方ができます。

オススメは、ツアーでロクルム島を楽しんだ後、もう1日のんびりと過ごせる時間を作っておくといいかも。

旧市街とアドリア海を見渡せる! 絶景スポット「スルジ山」

旧市街とアドリア海を見渡せる人気の絶景スポットスルジ山へのロープウェイチケットが購入できます。事前の予約で並ばずにチケット購入ができます!夏の時期は夜遅くまで運行しているので、夜景もおすすめ

超 絶景!

夜景を見ることが、本当にオススメです!
ロープウェイで行くことが可能ですが、チケット購入を当日にすると並んだりと手間がかかるので予めスルジ山を観光できるツアーを申し込んでおくことがオススメ!

夜景は本当にキレイですよ!

スルジ山を登ろう! ん?! 歩けたの?!

あまり知られていませんが、
スルジ山は歩いて上ることができます。

旧市街近くの麓から頂上まで徒歩で約1時間半~2時間。山の斜面をジグザグに走る砂利道を延々と歩きます。どうしてここが絶景スポットなのか…。それはケーブルカーのケーブルが見えないから!

ケーブルカーのケーブルが見えないという点で絶景ですが、登るのはとても大変なので体力がある方のみオススメということなのだそうです。

ただ、問題は体力!
本当に上るのは大変なので、体力に自信があって且つ時間がある方には問題ないかと思います。

ゆっくりとした時間を堪能する ドブロブニク観光

旅行というと、あれも見て、これも見て!という感じで時間に追われていませんか?
のんびりと過ごす、リラックスした海外観光というスタイルが今は流行り始めているそうです。
普段の生活でも、時間に追われて過ごしていませんか?

歩き回ったり、見て回ったりする観光も確かに楽しいのですが、ゆったりとその場所の時間を感じるという観光もすごくオススメです。

あちこと観光する日とのんびりと過ごす日というのをあらかじめ予定しておくと、いいですよ!

1