1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kaRuishiさん

おいしいものは、つい食べたくなってしまいますよね、、

おなかがいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、どうしても食べ過ぎてしまう…

でも、食べ過ぎは、ちょっとのことで防げるようになります

「食べ過ぎてしまうのは、意志が弱いからではない」
「痩せられないのは、適切な方法を知らないから」

意志の力も大事かもしれませんが
工夫すれば、誰でも続けられますよ

①よく噛んで食べる

食べ過ぎてしまう理由は3つあります。
1つ目の理由は、よく噛まずに食べているからです。

食事の食べ始めは空腹感が強いため、かむ回数が少なくどんどん食べてしまいがち。お腹が減っているときこそ、噛む回数を意識的に増やしましょう

ご飯を玄米や雑穀米にすることで、噛みごたえが増すのでおすすめ

②空腹にしすぎない(=食事を抜かない)

おなかが空きすぎると、どうしても食べすぎにつながります。そんなときは間食を上手にとりましょう。小腹が空いたときには、お菓子よりも果物やヨーグルトがおすすめ

朝や昼は何も食べず、夜だけ思い切り食べるといったような「1日1食でドカ食い」パターンも、太りやすい身体になってしまう食べ方。
実際、ラットの実験でも、「総カロリーが同じなら、1日3食に分けて食べるより、1日1食のほうが、あきらかに多量の脂肪蓄積が見られるという結果が出ています」

③だらだら食べずに「定食」を食べる

私たちは、視覚でも満腹を感じます。いい例がフルコースです。
前菜からメイン、デザートまでが1品づつ出てくると、目の前にはたった1皿しかないので目で満腹になるのは難しいです。そして、品数が多いコースでも食べきってしまいます。
しかし、フルコースを一度に出されたら「こんなに食べたのか。」と思います。一度にたくさんの食事を目で見ないため、満腹を感じずに食べ過ぎてしまうんです。

理想のダイエット食、それが『定食』です。筋肉を付ける、脂肪を燃やす、コンディションを整える。一遍に出来る唯一の食事スタイルが定食!

血糖値を緩やかに上昇させればいいんです。その為には食べる順番を選べる定食が理想系なのです。野菜/汁物⇒おかず⇒ごはん(全て1口ずつでもOK)の順番で口にする事で、血糖値の上昇を緩やかに出来ます

定まった時間に、定まった量を食べる
定食スタイルは

食後にだらだら何かを食べたりすることも
防ぎやすく
何より、栄養バランスが極端にならないので、失敗するリスクが低い

④ながら食べをしない

テレビを見ながら、、、、
ついついやってしまいますよね。
ですが、ながら食べをすると、脳自体が食事をした満足感がうすれるようです。

新聞を読みながら、テレビを観ながらなどの、ながら食いは食べることに集中しないので、満腹のサインに気がつかず、必要以上に食べ過ぎてしまう恐れがあります。

食事の時間は食事に集中しましょう

机の上にお菓子を置いてちょこちょこ食べながら勉強してる人も多いでしょう。
しかし、これはNGです。
間食は一度にとりましょう。
一気に食べることに罪悪感を感じるかもしれませんが、「ながら食べ」は自分の食べた量が把握できず食べ過ぎの原因

1 2