1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

カモメも勝ちも飛んだ…豪州と分けた日本代表に賛否の声

10月11日、ワールドカップ・アジア最終予選のグループB第4戦が行われ、日本代表が敵地でオーストラリアと引き分けました。カモメが飛んだ、勝ち点3も飛んだ、ハリルホジッチの原口、本田への厳しい評価も飛んだ…そんなアウェーでの試合でした。

更新日: 2016年10月11日

14 お気に入り 132415 view
お気に入り追加

・W杯最終予選、日本代表はオーストラリアと引き分ける

10月11日、ワールドカップ・アジア最終予選のグループB第4戦が行われ、日本代表が敵地でオーストラリアと引き分けた。

5日前のイラク戦で劇的な勝利を収めた日本は、勝てばグループ首位に浮上する可能性もある大事な一戦。

しかし?

オーストラリアは2勝2引き分けの勝ち点8となりました。日本はオーストラリアを上回ることができず、依然厳しい状況が続いています。

・前半は1点のリードを守りきる展開

スターティングメンバーには酒井高徳(ハンブルガーSV)、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)に加え、香川真司(ドルトムント)のブンデスリーガ勢4選手が名を連ねた。

日本は前半5分に、この試合、センターフォワードに入った本田圭佑選手のスルーパスに抜け出したフォワードの原口元気選手が3試合連続となるゴールを決め、先制

30分すぎには相手にゴール正面からのフリーキックを与えるなどピンチの場面もありましたが、選手全員が集中して守り、前半を1対0で折り返し

・後半早々にPKを献上し同点に

日本は7分、豪州に押し込まれると、ペナルティーエリア内で原口が相手のFWを後ろから倒してしまいPKを献上。これをゴール右隅に決められ同点に追いつかれた。

後半30分を回り、浅野が交替出場の構えをみせるが、なかなか投入されない。足を痛めた小林はピッチの外に出て、日本は10人で戦う。

終盤は36分に小林に代えてMF清武。39分にも本田に代えてFW浅野を投入し得点を狙ったが、決定機を作れず。

・試合後の選手たちも冴えなかった

MF長谷部誠(32)=フランクフルト=「試合開始から自分たちのやってきたことが出来た。奪ってからのカウンターをもっと精度を上げないと…。」

「この勝ち点1がワールドカップの切符につながるようにしたい。(前半の得点は)ねらい通り。個人的には勝ち点3が取れたと思うし、悔しい気持ちは多い」

長谷部キャプテンのインタビュー来たぁ 声が枯れているね

試合後、メディアインタビューを終えた順に、ハリルホジッチ監督と長谷部キャプテンが、それぞれピンで日本サポーターのところに挨拶に来たのはとても嬉しかったです。その後ももしかしたら他のメンバも来てたのかも。

得点と失点の両方に絡んだ原口が、悔しさから時折言葉を詰まらせながら試合を振り返った。

3試合連続ゴールを達成した原口は「非常に狙っていた形というか、何度も何度も監督から言われていた形が綺麗に出た」と理想的だったゴールシーンを振り返った。

1 2 3





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう