食事をとることで血糖が上昇すると、血糖を適正に保つため、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
日頃から食べ過ぎの傾向にある方は、インスリンの量を多く必要とするために膵臓へ負担がかかってしまいます。このような状態が慢性的に続くことにより、次第にインスリンの働きが弱まり、効率的に血糖を下げる機能が低下してしまいます。
それによって血糖値が上昇してしまい、糖尿病のリスクが高まるだけでなく、代謝の調整が上手くいかず、食後の倦怠感や眠気に繋がるのです。

出典【専門家が監修】食後に眠気に襲われるのはなぜ? | 美肌レシピ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

食べてすぐ寝てはいけない!食後すぐに寝るのは危険がいっぱい!

昔から食べて直ぐに横になるのはダメだと言われていましたが、実際に、満腹で眠ることは健康に大きなリスクを抱えやすくなります。

このまとめを見る