1. まとめトップ

自分の国は自分で守れ「日米安保」次期アメリカ大統領トランプ誕生で日本への影響は

次期アメリカ大統領トランプの日本に対する発言で今まで通りにはいかない「日米安保」トランプの思いと日本の選択肢は。

更新日: 2016年11月18日

nakazawa_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 5479 view
お気に入り追加

安倍・トランプ会談が行われた

安倍首相はアジアの安全保障から貿易まで、さまざまな問題についてトランプ氏の真意を探ったものとみられる。

【11月18日 AFP】安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨークでトランプ次期大統領と初の会談を行った。

本日、トランプ次期米大統領と安部首相が会談します。日本時間では、18日朝になる見通しです。トランプ氏が主要国の首脳と選挙後に会うのは、安部首相が初めてになります。 #安部首相 #トランプ

安倍首相は会談について「大変温かい雰囲気の中」で行われ、「胸襟を開いて率直な」ものだったと述べた。

中身について具体的な言及は避けたが「私は私の基本的な考え方について話をした。様々な課題について話をした」と語った。

トランプ氏は選挙戦でアジアに駐留する米軍部隊多数の撤退をちらつかせたり、日本の核武装容認を示唆する発言を行うなどして、日本の政策担当者を警戒させていた。

アメリカの大統領に予想を覆しトランプ氏が当選。古き良きアメリカンドリームを復活させることができるだろうか。日米安保条約は今後どうなっていくのだろう。自分の国は自分で守れの米国大統領。さあ、自民党どうする。自主憲法の前に自主独立が先では。安倍ちゃん想定外で右往左往かな。

トランプ選挙中の発言は

アメリカは日本を守っているが、日本からはほんの少ししか費用を貰っていない

「我々が攻撃されても日本は防衛する必要がない。米国は巨額資金を日本の防衛に費やす余裕はない」。

アメリカは世界の警察はできない

他国がアメリカを攻撃しても、日本はアメリカを助けなくてよい。 なのに、他国が日本を攻撃したら、アメリカは日本を助けなければならない。」

警察の役割を少し減らすから日本に警察をやってくれという論理になる。

軍事的に日本はもっと貢献しろ

役割を増やせ、日本にとっては 大きな問題

第2次安倍政権は集団的自衛権の行使ができる

安部総理がこんなにも早くトランプ氏と会談するのは、日米地位協定の確認と言うより、日本の自衛権を強くするための要望が主だと思う。日本の自衛隊を軍隊化する前兆になる。私は個人的に賛成です。

駆けつけ警護

武装集団に襲われている国連職員やNGO職員、他国軍部隊のいる場所に要請を受けて向かい、武器を使ってその人たちを助ける任務のことだ。

日本や韓国はもっと金を払うべきだ、払わないなら米軍が撤退する

1 2 3





貴重な時間を割いてくれてありがとうございます。楽しめるまとめを作っています。今後もよろしくお願いいたします。