1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

そろそろ優柔不断と決別しよう!スパッと決断できる人になる方法6つ

なかなか決断できない、と思うことがありませんか?自分は優柔不断だなぁと感じる人もいるでしょう。決断できる人はカッコいいですが、優柔不断な人はウジウジしたイメージです。そろそろ決断できる人に変わりませんか?スパッと決断できる人になる方法をまとめます。

更新日: 2016年10月12日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
207 お気に入り 30032 view
お気に入り追加

▼ 直感(心の声)にしたがう

ただ魂が感じるままに従うこともできる

何となく、これをしたい、この方向に行きたいという感覚に従うといいということなのです。特に、直感には、したがうといいです

・無意識の選択に任せてみる

直感はなんと言っているだろう?耳を傾けよう—多くの場合、それは意識的に操作できない様々なファクターに根ざした無意識の選択だ

▼ 視覚化して考える

「紙に書いて考える」と、より比較しやすく、冷静な決断もしやすくなる

決断する時も図を描くのをおすすめします。その決断の長所、短所、順位などの項目を図をかくだけで、決断を俯瞰的に眺められます

紙に書いて考える時間は集中して考えることができます。それ以外の時にはその問題について考えないように心がければ、時間を限って考えることもできます

▼ 好き嫌いで決める

「好きだから」、「嫌いだけだから」で決めてしまっても構いません

好きなことを決断すれば、言われなくてもやりたくなるし、嫌いなことを決断すれば、やれと言われてもやりたくはありません

結論を申し上げれば、トップとしても最も好ましい意思決定基準は「好き嫌い」であって良いと思います。どれだけ正しくても、どれだけできることであったとしても、好きでなければ長続きはしない

▼ ベターを選ぶ

そこで立ち止まって、苦しむぐらいなら、すぐに走りだそうと

でも、ここで聞きたい。「今までに”これがベストだ”と思ってきたことは、本当に最適解でしたか?」と。たぶん違うと思うんです

マシな方を探そうと思っていた方が良いのかも知れません。どっちがベストか?ではなくて、どっちがベターか?そう思った方が決断できる

・拙速は巧遅に勝る

100個の選択肢から、唯一の正解を見つけ出すことに時間をかけるなら、「ベターな決断」でさっさと走りだしたほうが良いですよね

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY