1. まとめトップ

桶川ストーカー殺人事件の犯人と警察があまりに酷すぎるとネットで再び話題に【世界仰天ニュース】

2016年10月12日放送。世界仰天ニュースで特集。犯人のヤバさと埼玉上尾警察の怠慢さがあまりにも酷すぎると、再びネットで話題に。

更新日: 2018年02月17日

4 お気に入り 171510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

game7lさん

桶川ストーカー殺人事件とは?

桶川ストーカー殺人事件(おけがわストーカーさつじんじけん)とは、女子大学生が元交際相手の男を中心とする犯人グループから嫌がらせ行為を受け続けた末、1999年(平成11年)10月26日に埼玉県桶川市のJR東日本高崎線桶川駅前で殺害された事件。

警察捜査上の名称はJR桶川駅西口女子大生路上殺人事件。桶川事件とも呼ばれる。本件の発生が契機となり、2000年に「ストーカー規制法」が制定された。

警察不祥事としても注目され、警察から3人の懲戒免職者を含む15人の処分者を出した

写真週刊誌『FOCUS』および報道テレビ番組『ザ・スクープ』が行った調査報道により、所轄の埼玉県警上尾署が被害者と家族からの被害相談を極めてずさんに扱っていたことが明らかとなり、警察不祥事としても注目され、警察から3人の懲戒免職者を含む15人の処分者を出した。また一方では、被害者と遺族への報道被害が起こった事件として、報道のあり方についての参考例としても取り上げられる。

被害者の元交際相手は2000年1月に自殺

事件の発端をつくった被害者の元交際相手は2000年1月に自殺、被害者殺害に直接的に関与した4人にはそれぞれ無期懲役から懲役15年の判決が下され、2006年に全員の刑が確定。また、本件に関わる別事案で起訴された元上尾署員の3人に執行猶予付きの有罪判決が下された。さらに被害者遺族は埼玉県(埼玉県警)を相手取り国家賠償請求訴訟を起こし、警察の捜査怠慢については賠償責任が認められたが、遺族が求めた捜査怠慢と殺害の関連認定については退ける判決が2006年に確定した。

▼世界仰天ニュースで再現VTRが放送されると再びこの事件の酷さがネットで話題に

もう桶川ストーカー殺人事件はやり尽くした感あるけど、知らない世代には新鮮なのかもね。 #世界仰天ニュース

桶川ストーカー事件…酷すぎる。暴力で女性を支配するなんて… #世界仰天ニュース

桶川ストーカー事件、犯人は自己愛性人格障害っぽいな。俺なんでも自己愛性人格障害のせいにするヤツに見えるかもしんないけどさ、やたら貢いだ後に断るとやたらキレるのは自己愛性人格障害の典型的な例だからなあ #世界仰天ニュース

#世界仰天ニュース 恋人選びは慎重に。 すぐ付き合わない。友達関係という土台を固め、しっかり見極める。 ニュース、テレビの内容何でもいいのでよく相手に質問し話し議論しましょう。 賢くなりましょう。 ※サイコパスはそれでも上手くやり過ごし普通を演じ、あなたに近づきます。

▼埼玉県警上尾署のあまりにもずさんな対応

当たり前ですが告訴取り下げたらもう告訴できません。 今回の事件は警察に殺されましたね 冥福をお祈りします。 #仰天ニュース pic.twitter.com/7Syq2anH6e

桶川ストーカー事件、糞警察だよね。 これで、あとで人が死んでいくんだよ。 本当市民の相談を舐め過ぎだよね。 本当に、酷い。 pic.twitter.com/xCM9MGewRJ

桶川市のストーカー殺人事件に関して上尾署の無能ぶりを日本テレビで報道中。これでは犯罪は無くならない。こんな警察なら要らない! 最低!#上尾警察署 #世界仰天ニュース

1 2 3