1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

西川のタイムリーに大谷初犠打も!日本ハムが王道野球で第1戦勝利

プロ野球クライマックスシリーズファイナルステージで北海道日本ハムファイターズがシーズン中同様ワンチャンスをモノにして1勝目を挙げた。核弾頭・西川遥輝(にしかわ はるき)の決勝打に、中田翔のホームラン、大谷翔平の好投と初犠打まで飛び出してマーティンが抑える完璧な勝利だった。

更新日: 2016年10月14日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 9091 view
お気に入り追加

▼日本ハムが大谷翔平や西川遥輝の活躍で第1戦を制した

「8番・投手」で先発した大谷翔平投手(22)は最速162キロの直球主体に7回を1安打無失点、6奪三振と相手打線をねじ伏せ勝利投手に。

162キロ6球を含む160キロ台を17球マークする力投だった。中盤以降はフォークを多用し、相手を幻惑するなど、許した走者は2四球と4回に内川の左翼線二塁打の3人のみに抑えた。

・ソフトバンク武田翔太をワンチャンスで攻略した日本ハム打線

絶好の先制機で西川が「何の球を打ったかもよく覚えていない。とにかく前に飛ばすことだけ考えていた」と無我夢中で二遊間を抜いて先制の2点打とした。

中田は五回、4点を奪いなおも一死一塁の場面で打席に立つと、武田の低めの真っすぐを捉えた。左中間席に飛び込む2ランとなり、ベンチではナインと力強くハイタッチ。

・今季22発の大砲・大谷翔平にプロ入り初の送りバント

(大谷は)6回無死一塁では、投犠打に成功。プロ4年目で初犠打を記録した。観衆はどよめきながら、拍手を送っていた。

リーグ優勝のアドバンテージ1勝と合わせ2勝無敗とした日本ハム。過去2勝0敗のチームはセパ18チーム全てが日本シリーズに駒を進めており、突破率100%の幸先いいスタートとなった。

▼卒のない王道野球でポストシーズン初戦を制した日本ハムにネットでは…

日本ハムCSファイナルステージ第1戦勝利\(^o^)/ 日本ハムあと2勝で日本シリーズ進出\(^o^)/

やりました~✨✨✨日本ハムが第1戦勝利ーーーーーー大谷翔平クン二刀流で投打のhero ポーカーフェイスのインタビュー、このこのーニクいね~

大谷の好投と5回の集中打。意外に楽なゲームとなったね。マーティンの復活も心強い。 #fighters

▼大谷翔平と西川遥輝、2人のヒーローが着ていたのは引退した武田勝のメッセージTシャツ

▼西川遥輝はシーズン初の打率3割を達成、成長株だった

フリー打撃に参加する前のティー打撃。体の前までボールを引きつけ、逆方向へカットするような打球を打ち続けていた。

今季パ・リーグ3位の41盗塁をマークした俊足を飛ばし、併殺打はゼロ。12球団屈指のリードオフマンに成長した。

▼大谷翔平にバントをさせた栗山采配、第2戦も注目です

▼その他の日本ハムファイターズの話題はこちら

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。