1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

将棋のプロ棋士が対局中にソフト使用疑惑で驚きの声が。

日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負で、挑戦者の三浦弘行九段が出場しないことになったと発表した。

更新日: 2016年10月13日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 132137 view
お気に入り追加

三浦弘行九段が竜王戦の出場を取り消すことを発表

日本将棋連盟は12日、15日から始まる第29期竜王戦7番勝負で挑戦者に決まっていた三浦弘行九段(42)の出場を取り消すと発表した。

出典jti.co.jp

三浦九段は平成8年の第67期棋聖戦で、当時の羽生善治7冠から棋聖を奪い、全7冠の一角を崩したことでも知られるトップ棋士。

主催の読売新聞社も了承。同連盟は三浦九段を12月31日まで出場停止処分にしたという。

竜王は名人と並ぶ将棋界最高峰のタイトル。将棋の7大タイトル戦で、出場停止処分により挑戦者が変更となったのは初めて。

挑戦者について、三浦弘行九段から丸山忠久九段に変更すると発表した。直前で対局者が変わることは異例。

なぜ出場停止処分になったのか?

対局中に離席することが多く、スマートフォンなどの将棋ソフトを使って不正をしているのではないかと、過去の対戦相手から疑問の声が上がっていた。

連盟側は三浦九段から聞き取り調査を始めていた。

「将棋会館内の他の部屋で休んでいた」などの三浦九段の説明に常務会が納得できないとした

調査に対し「これではとても(将棋を)指せないので休場する」と申し出たという。期限とした12日午後3時まで休場届を待ったが、提出がなかったため処分に踏み切った。

疑惑が持たれるようになった背景には、対局のネット中継で将棋ファンが棋士の離席を直接見られるようになったこともある。

三浦九段は、毎日新聞の取材に「まったくのぬれぎぬ。不正な行為は行っていない。今後は弁護士と相談して行動する」と答えた。

先日スマホ持ち込み禁止の規則を追加したばかりだった。

棋士の間でも、ソフト使用が疑われるため、スマートフォンなど電子機器の対局中の利用について何らかの制限が必要とする声が強まっていた。

公式戦において、スマートフォンを含む電子機器の持ち込みや対局中の外出を禁止とする規定を設け、12月14日より施行します。

連盟によると、棋士は対局が始まる前に電子機器をロッカーに預けることとなり、対局中は使用ができなくなるとのこと。違反すれば処分の対象になる可能性があります。

トイレ休憩や昼休みなど席を立ったタイミングで、「次の一手」を“カンニング”する可能性を懸念したものだ。

AI(人工知能)の性能向上などを背景に、近年、将棋ソフトは棋士と同等以上に強くなっている。

プロ棋士からも驚きの声が。

現場を突き止めたとか証拠があるなら別だけど現段階の記事で、こんなんで不正棋士とかレッテル貼られるの可哀想すぎる。「コンピューターと指し手が似てる。席外す回数多いしクロじゃね?」とか他人事じゃないよね。

事前にソフトで深く研究して対局に望むことと、対局中にソフトを使用することは天と地程の差があります。取材では対局中に使用する棋士がいるとは思えない、と回答したばかりでしたが。

12日に更新したブログで「大変な事態になってしまいましたが、引き続き将棋界へのご声援を宜しくお願いします」とのメッセージを発表した。

日本将棋連盟の決定には個人的には賛成しかねますが、竜王戦は将棋の最高棋戦ですので全力を尽くします。

1 2





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう