1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

厚労省が喫煙で罰則付きの規制を検討…受動喫煙防止の案が話題になっている

厚生労働省は12日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止の規制強化案を明らかにした。

更新日: 2016年10月13日

Sanctusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 21353 view
お気に入り追加

・厚労省が建物内の喫煙で罰則付きの規制を検討

厚生労働省は12日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止の規制強化案を明らかにした。

厚生労働省は、病院や学校の敷地内を全面的に禁煙とする罰則付きの制度案をもとに検討を進めることを明らかにしました。

違反した場合は、管理者などに罰金を科す方向で本格的な検討を始めました。

・違反者には罰則を適用する方針

違反した場合、施設の管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を適用する方針。

最近の五輪の開催地は罰則を伴う受動喫煙防止対策を取っていることから、スタジアムなどは建物内の禁煙、飲食店などは喫煙室以外の禁煙を義務化。

・飲食店などには喫煙室の設置は認めるという

厚労省の案では、施設の種類ごとに禁煙となる範囲が分けられています。

飲食店やホテル、事務所、駅、空港などは原則として建物内禁煙とし、喫煙室の設置は認める。

・「たばこ白書」が元になり本格的な検討を始めた

喫煙、受動喫煙と疾患との因果関係を「確実」~「無関係の可能性」の4段階で評価した点が特徴。

厚生労働省は、不特定多数の人が出入りする施設を中心に、喫煙を規制する方向で本格的な検討を始めました。

・日本の受動喫煙対策は「世界でも最低」

受動喫煙は、脳卒中や心筋梗塞、それに肺がんなどのリスクを高めるとされ、国内では年間およそ1万5000人が、受動喫煙が原因で死亡しているという推計もあります。

現行の健康増進法などは多くの人が集まる施設の管理者や事業者に受動喫煙対策を取るよう定めているが、努力義務にとどまっている。

日本の受動喫煙対策は「世界でも最低」と断じ、屋内の100%禁煙化を推進すべきだと提言している。

・みんなもこのニュースは気になっていた

飲食店は全面的に禁煙か。いやまあ、個人的にはタバコの煙が苦手なのでいいんだけど、でも喫煙できるってことで客を呼んでる店もあるもんな。

喫煙者は何人まで減れば保護運動が始まるんだろう

屋内は当然もちろんだけど、まず歩きタバコをきっちり取り締まってくれ。路上喫煙禁止条例守ってないクズいっっっっぱい居るからな????

1 2





Sanctusさん



  • 話題の動画をまとめよう