高血圧による腎硬化症、糖尿病による糖尿病性腎症、肥満による肥満関連腎症では、腎臓に入ってくる血管の動脈硬化が原因で蛋白尿がみられます。糸球体腎炎、ネフローゼ症候群では腎臓のフィルターの異常が原因で蛋白尿がみられます。

出典血尿・蛋白尿、生活習慣病に注意!?腎臓内科とは? | いしゃまち

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

尿蛋白プラスマイナスって?原因と改善方法まとめ

尿検査の結果で尿蛋白プラスマイナスとなった方。もちろんプラスになれば異常値ですが、尿たんぱくは病気じゃ無くても下りる場合があります。その場合は擬陽性といってしばらくして再検査をすると陰性になることが多いのです。プラスマイナスの原因と病気や対策をまとめました

このまとめを見る