1. まとめトップ

はじめに

人生は予測できないことの連続です。
もし道を歩いていたら、突然車と衝突してしまったら、あなたはどうしますか?
交通事故は予備知識の有無が、その後の結果に大きく関わってきます。
事故にあった時に自分の身を守るためにも、事故対応・解決の予備知識を頭に入れておきましょう!

事故に巻き込まれたらまずは警察への連絡と救助

交通事故が発生したら、まずは警察を呼びましょう。ひき逃げの場合を除いて、車を運転していた相手と一緒に事故現場に残ることも大切です。警察は事故現場を検証して、事故の状況について詳細な資料を作ります。この資料は事故の内容を明らかにしたり、『過失割合』などの決定に役立つわけです。

どんな軽微な事故の場合でも、警察に通報する必要があります。(道路交通法72条により通報義務が課せられています。)通報を怠ることで、不利益を被るのは被害者になります。また、事故現場での示談は口約束でもするべきではありません。後々もめる原因になります。

交通事故を起こした場合は、どちらが被害者か加害者であっても、ケガ人の確認と救助をしなければなりません。特に交通量が多い場所で事故が起きてしまうと、後続車を巻き込んだニ次災害になる恐れがあります。

交通事故現場に遭遇すると、一番に優先される110番、けが人がいれば119番通報をせず、示談交渉してるのをよく見るが、警察へ届けなければ保険はおりないし、けがしてるのに「大丈夫?」と声かけてるだけで119番通報するしない運転手も多い。ひどいのは、声はかけるけどそのまま立ち去り。

加害者の連絡先の確保

車を運転していた相手方の運転手の『住所』『氏名』『連絡先』『車のナンバー』『強制保険』『加入している任意保険会社名』は必ず確認しましょう(これらは後日取得する交通事故証明書でも確認可能です。)。

被害者が会話に応対できる状態であれば、忘れないうちに連絡先を交換しておきましょう。後々、必ず必要になります。
また、できれば鞄の中身を見せてもらい、事故のせいで傷ついたモノがないか確認しておくことです。なかには悪質な被害者もいて、賠償金目当てでいろんなモノを故意に壊しては、修理代を請求してくる例もあるためです。

もし、相手が任意保険に加入してない場合、示談などの交渉は当事者同士で直接行う必要があります。その場合、相手の連絡先は必ず必要になります。

これはあくまでも一つの例え話だけど、とある交通事故で当事者の片方が個人情報保護の義務を盾に連絡先を明かさずに現場を立ち去ってしまった為に、保険交渉が暗礁に乗り上げご破算になった例がある。 近頃こういう人が多いらしい。

現場の写真を撮っておく

可能な限り、現場状況の撮影(携帯電話やデジカメでもOK)しておくことも大事です。たとえば車の停車時の位置関係や損傷個所、標識の状況、路面についたスリップ痕やガードレールについた擦過痕など時間経過とともに消えてしまうもの、周囲の駐車車両の状況などです。撮影の要領としてはUPで写すことも大切ですが、全体の状況が分かるようにワイドに写すことも大切です。

必ず病院へ!

目立った外傷がない場合でも、救急車を利用して病院に行くようにしてください。依頼者の話を聞いていますと、後になって症状が出てくることもかなり多い印象です。そして、後遺症の認定では、事故当初の診断結果はとても重要です。

交通事故の直後は、大抵の人は突然のアクシデントに遭遇したことで興奮状態にあります。

実際に、負傷の程度は軽そうだけれども念のために病院へ行こうということで、自分の足でスタスタと救急車に乗り込んだ人が、救急車に乗っている間に興奮が醒め、病院に着いた頃には痛みを自覚し始めて、自力で立つこともできなくなり、結局ストレッチャーで処置室に運ばれた…、という話もよくあります。

ナースに聞いた話ですけど、病院の受付に来て保険証を出したとたんバッタリ倒れてそのまま帰らぬ人になるパターンがたまにあるとのこと。 よくよく調べると内臓にダメェジを負っていて、内出血で死亡。 交通事故にあって気が動転して「大丈夫です!」ってその場を後にして病院でパタン…怖いです。

特に子供は事故に遭ったことを隠す場合があり、外側のダメェジよりも内臓のダメェジのほうが大きい(大きな血管を損傷する可能性、臓器を損傷すると出血多量)上に見つけにくいので、ホント事故に遭ったら「大丈夫です」って言ってその場を去っちゃダメです。 立てても歩けても救急車です。

警察へは人身事故として届け出を!

加害者の中には「人身事故」ではなく、「物損事故」にしてほしいと申し出ることもありますが、あなたが少しでも怪我を負ったのであれば、必ず「人身事故」として警察に届け出ることをオススメします。

事故直後はみんな混乱してアドレナリンが出まくっているため、痛みを感じにくなっているはずです。あとになって痛みだし、やっぱり損害賠償を請求しようとしても物損事故扱いの場合は、加害者側の保険会社は相手にしてくれないこともあります。

人身事故の届け出は診断書をもらって警察へ

人身事故にするためには、警察に病院の診断書を提出する必要がありますが、事故から1カ月以上経ってから警察に診断書を持っていっても、警察が受け付けてくれないことがあります。事故に遭ったらできるだけ早く病院から診断書を取り付け、警察に提出するようにしましょう。

事故にあった直後はケガはないと思っていても,あとから症状が現れる場合があります。事故当時の状況から,警察への届けが「物件事故」扱いとなっている場合には,医師の診断書をもって警察に行き,「人身事故」に切り替えてもらいましょう。切り替えの手続は,早ければ早い方がいいです(一般に,警察は物損から人損への切り替えは,事故から時間が経っているといやがる傾向にあります)。物損事故のままですと,治療費などが保険会社から支払われない可能性があります。ご自身の事故が,どのような扱いとなっているかを「交通事故証明書」で確認しておきましょう。

1 2