交通事故が発生したら、まずは警察を呼びましょう。ひき逃げの場合を除いて、車を運転していた相手と一緒に事故現場に残ることも大切です。警察は事故現場を検証して、事故の状況について詳細な資料を作ります。この資料は事故の内容を明らかにしたり、『過失割合』などの決定に役立つわけです。

出典交通事故の被害者になったらやるべき7つのこと!慰謝料問題対策

前へ 次へ