1. まとめトップ
  2. カラダ

食べ方を少し工夫するだけでデブ化を回避する技(・ω・)/

食べ物の食べる順番一つで体に変化が。。

更新日: 2016年10月13日

ClockWorcsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
204 お気に入り 61076 view
お気に入り追加

食事前に飲み物を飲むことでデブ化を防ぐ

食物繊維がたっぷりで満腹感もある豆乳、トマトジュース、野菜ジュースなどを飲んでおくのがオススメ。冷えたものではなく、常温のものなら尚良いでしょう。

食事の30分前に牛乳か豆乳を飲むと、一緒に飲んだときと比べて、食後の血糖値と血中のインスリン濃度が低くなる

食べる順番が大切

食べすぎを防ぐ基本として、最初に低カロリーでよく噛むものから食べること。食べ始めから高カロリーであまり噛まないものを食べてしまうと、食べすぎて太るだけでなく、消化不良を起こすこともあります。

食物繊維の多い野菜を食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにし、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防ぐことが出来るのです。

野菜の後に肉食べると野菜がクッションになって血糖値上昇も抑えられる

炭水化物を食べるなら食事の最後のほうがベスト

糖の上昇をできるだけ抑えるためにも、炭水化物はお腹が満たされてきたなと感じた時に食べるのが正解。

最初に食べた野菜や海藻類・きのこ類、肉や魚を食べる段階でお腹が一杯になっているので、ごはんを食べる余力が少なくなるでしょう。これが食べるダイエットの狙いなのです。

ばっかり食べでダイエット★ ばっかり食べとは順番に 食べ物を食べる方法です。 1野菜など 2肉や魚、大豆など 3最後にご飯や麺類 お腹が減っている状態で 炭水化物を最初に食べると 血糖値が上がって 脂肪になりやすいです なので、 炭水化物は最後に食べると 良いのです★

肉の部位にも食べるべき順番がある

ホルモンは、低カロリーに加え、噛まないとうまく飲み込めないものが多くありますので、最初に食べたいお肉です。

鶏→ラム→豚→牛の順でカロリーが高くなっていきますので、できるだけ、鶏肉から食べるようにしましょう。

体内のコレステロール値を下げるオレイン酸などの不飽和脂肪酸を多く含んでいるので、ダイエットにはもちろん生活習慣病予防にも期待できます

テレビで紹介された食後に食べるといいもの

ブラックコーヒーに含まれるメラノイジンには、余分な脂肪を吸着し排出する効果があります。

夜ご飯 ◎焼肉(外食) めっちゃたべたー 満足! これで明日からも頑張れる! 食後にコーヒーを飲んだら脂肪の吸収抑えれるらしいからコーヒーのんだ!

パスタを食べることで、糖質を体脂肪に変えるホルモン、『インスリン』が大量に発生してしまいます。

リンゴジュースには、オスモチンと呼ばれる成分が含まれています。オスモチンは、栄養素をエネルギーに変換して、糖質の代謝をアップしてくれる働きがあります。

パスタの後にリンゴジュース飲むと良いらしいけどリンゴジュースなかったからリンゴ食った

1





ClockWorcsさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう