1. まとめトップ

【将棋不正疑惑】竜王戦挑戦者三浦弘行九段スマホで将棋ソフト使い不正か?【出場停止処分】

日本将棋連盟は第29期竜王戦7番勝負で挑戦者に決まっていた三浦弘行九段(42)の出場を取り消すと発表した。直前の挑戦者変更はきわめて異例。同連盟は、三浦九段を12月31日まで出場停止処分としたことも明らかにした。7月以降の対局で不自然な離席が多く、本人から合理的な説明が得られなかったためという。

更新日: 2016年10月13日

0 お気に入り 1191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

okiamiさん

対局中は持ち時間の範囲で対局室から出られるが、連盟によると、三浦九段は今夏以降、離席が目立っていたという。連盟側が11日の常務会で聞き取りをしたところ、対局中のスマホなどの使用を否定。「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話したという。

このニュースに対する反応は

将棋連盟側は三浦九段に対して悪魔の証明を求めているし、それはどうみても不当 三浦九段が対局中にソフト使用したという明確な証拠を示す責任があるのは連盟側だよ それを示せるのならば連盟が正しいということになるし、示せないのならば・・・連盟は三浦九段にどう詫びるんだ?

まあ、ソフトを使っていたら罰則が軽い気もします。すると何かが本当に分からないですね。

恐れていた内容で、使用していてしらを切るのもイヤですし、この曖昧な感じで罰則もどうなのか。 twitter.com/asahi_shogi/st…

離席という事になっていますが、言われていたのは「一致率」しかし、それで黒認定はいいのかは、個人的には疑問です。

何のソフトで調べたかはわからないですが、仮に一致率が100%だとして、ソフトを使っていない証明は難しいですが、離席のタイミングなどを完全に把握している訳ではないでしょうし、釈然としない感じはあります。ただ、ずっと調べていたという事なんでしょうね。

今テレビ朝日で取り上げられていますが、残念を通り越しています。間違って伝わる可能性が高い。

この番組の説明だと、竜王戦の中で明らかに劣勢な局面があって、離席後にソフトの力で逆転の一手を放った。そう言っていますが、そんな無茶な。でも、将棋を知らない人が聞けばそうだと思うこともあるでしょう。その辺りを改善しないといけませんね。

劣勢な局面では、いかにソフトが優れていても、逆転することは出来ません。正しくは、劣勢に見えるけど実際は互角か有利という事です。

将棋は逆転が多いゲームですが、逆転が起きる原因は、勝っている側が最善手を選択出来なかったから。それを交互に繰り返すので、最後に間違えた方が負ける事になります。

俺達の数百倍頭良い人間達が、三浦は黒って言っているのに、何を疑っているのだろうか

証拠出せよ
離席だけで処分ならアホだし、あるなら出さないと誰もなっとくしねーぞ
なんであやふやにしようとする?

離席なのか一致率なのか
どっちにしても証拠と言うには心許ない

出場辞退にまで至ったってことは、実際にはきわめて有力な証拠があるけど
連盟の判断でうやむやにしたんだと思うよ

将棋指しは最善手を追求するのが仕事なのに
最善手指して離席が多かったらタイトル戦に出れないってなんやねん

離席した後の指し手が毎回強いコンピュータソフトと99%一致しちゃったとか?

大平Twitterによると三浦のソフト一致率が高すぎだと棋士仲間で話題だったようです

なお処分理由は不正に関してではなく、12日15時の期限までに休場の届けを出さなかったことに対して。
不正が確定したワケではない。

1