1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

また今年もノーベル文学賞を逃す…村上春樹に色々な声が出ている

村上春樹さんは2016年もノーベル文学賞を受賞できなかった。詰めかけた熱心なファンからため息がもれた。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年10月14日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 119766 view
お気に入り追加

○ノーベル文学賞はボブ・ディラン氏が受賞

ノーベル文学賞が10月13日発表され、米国のシンガーソングライターであるボブ・ディランが受賞した。

ことしのノーベル文学賞に、アメリカのシンガーソングライターのボブ・ディラン氏が選ばれました。

ブックメーカーの受賞の呼び声が高かった作家の村上春樹氏は今回も賞を逃した。

○「風に吹かれて」が大ヒットした

ディラン氏はミネソタ州生まれ。ミネソタ大学芸術学部を中退してニューヨークに出て、1962年にデビュー。

「タイム・アウト・オブ・マインド」(97年)でグラミー賞最優秀アルバム賞、08年にピュリツァー賞の特別賞を受賞。

「風に吹かれて」は黒人に対する人種差別の解消を目指した公民権運動やベトナム戦争を背景に当時の体制に反対する歌として若者を中心に人気を集めました。

「詩」を歌い上げるという表現の一つなわけで、ボブ・ディランの受賞に問題は無いように思えるのだけれど。問題が無いと思える私に問題があるんだろうか。

○村上春樹さんはまたもノーベル文学賞を逃す

東京都内のカフェに集まっていた作家、村上春樹さんのファンも驚くとともに喜びの声を上げました。

2016年は村上氏が「ノーベル賞の登竜門」ともいわれる「フランツ・カフカ賞」を受賞してから10年の節目の年。ファンの間では落胆の声も大きい。

ボブ・ディランの文学賞受賞は納得。 村上春樹取れるんだろうなぁって思ってたけど、ハルキストの様子見ると期待し過ぎた感は否めない。

○詰めかけた熱心なファンからため息がもれた

ハルキスト(村上氏のファン)たちの「聖地」とされる東京・千駄ヶ谷の鳩森八幡神社では、ノーベル文学賞発表の瞬間を見守ろうと、10月13日午後7時からパブリックビューイングが開催された。

13日夜の文学賞発表に合わせて都内で開かれたカウントダウンイベントでは、詰めかけた熱心なファンからため息がもれた。

○ファンの落胆も大きかった

午後8時半すぎ「新しい詩の表現を創造」という受賞理由とともにボブ・ディランさんの受賞決定を伝えるニュース速報が流れました。

その瞬間、パブリックビューイング会場にいたファンからは「え?」と戸惑う声や、「うわぁ…」とため息交じりの声があがった。

○村上さんのファン「ハルキスト」のコメントは…

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう