1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

幼稚園からは当たり前?「習い事の低年齢化」が進んでいるみたい

習い事って小学生くらいから始めるではありませんでしたか?でも、今の子は小学校に上がる前から習い事に通うのも当たり前のようです。

更新日: 2016年10月14日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 34061 view
お気に入り追加

習い事って小学生くらいから始めるではありませんでしたか??

小学生の習い事の上位は水泳やサッカー、もしくはピアノや英語といったもの

でも、今は「習い事の低年齢化」が進んでいるようです

近年、日本では子どもの習い事が低年齢化しているといわれます

「習い事は何歳から始めていますか?」の問いに対し、1歳未満と答えた方がなんと28%

低年齢化と選択肢が増えた影響なのか、子どもが1人で2つ以上の習い事をしているのも珍しくなくなりました

小学校に入る前から習い事をするのが普通みたい

人気の習い事は英会話

習い事の種別で経年変化をみたところ、「英会話などの語学の教室」が5.0%から14.2%と大幅に増加

利用者の声によると、英会話に通っている子の場合は、低年齢でスタートした場合の方が上達具合が良いとのこと

低年齢化は少子化が理由かも

昔と今、子どもの少子化が進み、一人にかけられるお金が増え、幼児教育の大切さが見直されたことが新しい習い事の発祥理由ではないでしょうか

1カ月の教育費が同じでも、子どもの人数が減っている分、一人の子どもにかける教育費はUPしているのではないでしょうか

現代の一人っ子が多いなかでは、一人一人に十分にお金をかけ幼児教育をしっかりと身に着けることでいろいろな才能が開花されたり、能力が身に付けることを目的としている家庭が多く感じます

子供の能力を引き出してあげようとするのは親心ですが

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう