1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界中で問題に…プロ棋士たちを襲う「スマホの魔力」

誇りを信じるか、ルールで守るか…

更新日: 2016年10月14日

Ironyucさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 197563 view
お気に入り追加

将棋界に生じた、前代未聞の疑惑

夏ごろから三浦九段が対局の終盤に不自然な離席を繰り返し、将棋ソフトの不正行為を行っている疑いを複数の棋士から指摘されていた

本人はこれを否定しており、真相はいまだ不明。
ネットでも擁護の声が。

これで対局中に離席しずらい空気になったとしたら残念すぎる。長い対局時間に耐えるには息抜きも必要だし。 九段まで辿り着く棋士が不正なんか出来るはずがない。自分の誇りにもかけて出来るはずがない。

三浦九段は将棋に対してとてもストイックでプロの誇りを強く持つ棋士。故に不正をしていたとは僕は考えられない。将棋界隈のためにも嘘であって欲しい。

問題なのは、「カンニング可能」という事実

1秒間に数万〜数千万単位の指し手を演算する事ができ、人が考えつかないような指し手も打ってきます

囲碁界のトップ棋士が人工知能「Alpha Go」に敗れた、とのニュースは記憶に新しい。

囲碁は一手あたりの選択肢が多く、莫大な量の計算を必要とするため、AIにとってはチェスなどよりもさらに困難なゲーム

そうした中、将棋に関してはスマホ内のアプリでさえトップレベルの棋力を持つに至った。

「スマホ上で動かしても人間のトップに匹敵する、あるいは上回る棋力を持つに至った」

フジテレビ「めざましテレビ」で将棋ソフトの有効性を検証。 初心者が将棋アプリ将皇を使って、将棋同好会所属・将棋歴4年の会社員と対局。 結果、初心者が勝利し「将棋ソフトがかなり有効だとわかりました」。 TBS「ビビット」もぴよ将棋で同じ内容。 間違ってないといえばそうですが…

現に、チェス界では何度も不正が…

世界でもごく限られた人にしか与えられない「グランドマスター」の称号を持った棋士までもが、不正に手を染めていた。

トイレを調べると、トイレットペーパーの中にスマートフォンが隠されていた

スマホの中には、同プレイヤーのアカウントでログインしたチェスアプリが。。

チェスアプリで対局を分析しており、指し手はコンピュータチェスソフトが示したものとほとんど一致

イラン人プレーヤーが対戦の実況中継を見ていた人から文字メッセージで助言を受けていたことが発覚

あるドイツ人選手は、所属していたチェスクラブの台所に隠したスマートフォンを数年に渡って利用していたことを告白

チェスでGM持ちがトイレに行きまくってスマホでカンニングしてたのがバレて追い出されたという実例があって(去年の話)、こんなの将棋じゃあり得ない、みたいな声を聞いた記憶があるんだけど、少なくとももう「あり得ない」話じゃなくなってきてるのか……

先の疑惑が事実かどうかとは関係なく、「あり得ない」話じゃない。

こうした状況を受けて、ついに…

電子機器をロッカーに預け、対局中は使用できなくなる。また、将棋会館からの外出もできなくなる(敷地内はOK)。

外出も禁止…!?

棋士たちからも、ある程度支持されている今回のルール変更。

1 2





Ironyucさん

ニュース記事の深堀り&わかりやすくまとめる系を多く作ってます!



  • 話題の動画をまとめよう