1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

え!それってアリ…設定が斬新すぎる最新映画

はやくみたい~!

更新日: 2016年10月14日

nogutiSunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
797 お気に入り 211927 view
お気に入り追加

悪者が逆転しちゃう「ドント・ブリーズ」(ホラー)

盲目の老人宅に盗みに入った若者たちがその老人に狩られるという衝撃の展開

被害者と加害者という思い込みが…一気に逆転する話。

目は見えないが超人的な聴覚を持つ老人は、どんな音も逃さない異常者だった

呼吸音を聞いてその出どころを察知し、すかさず仕留めにやってくるマッチョな老人

こえぇぇ。。。

閉じ込められたまっ暗闇の家の中で、逃げ惑う恐怖。

もしも自分が暗闇の中でマッチョなシリアルキラーの老人に追われたら……?

見えてない相手から逃げるのって不思議な緊張感がある…。

物音を立てると殺される、、、そんな緊迫感がリアルに漂っていて、今までにない切り口で恐怖感をあおってくる!

題名「ドント・ブリーズ」は息もできないという意味。

ドント・ブリーズ…12月16日からもう日本公開してると思っていた…あれを大画面でみるメンタル力

ドント・ブリーズの盲目の老人は実は曰くつきの元海兵隊員で、演じているのがアバターで暴れまわった傭兵部隊の大佐役のスティーヴン・ラングとなれば、あぁ、納得のいく強さだなぁ⋯と予告編だけみてなんか納得しました。早く観てみたいけど精神的に疲弊する映画だからシンドイかな。

ゾンビと恋愛小説のコラボ「高慢と偏見とゾンビ」(ホラー)

原作ジェーン・オースティンの古典「高慢と偏見」にゾンビやアクションの要素を加え、アレンジしたもの

恋愛小説の金字塔「高慢と偏見」は、18世紀イギリスの片田舎で、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを綴った

「高慢と偏見」の舞台を、謎のウィルスに感染した終末世界に置き換えた

ゾンビと戦いつつ、恋にときめくお話ですw

5人姉妹がカンフーでゾンビと戦うというブッ飛んだ設定ですが、美しいドレス姿で戦うその姿に魅了されて、思わずツッコミを忘れそう

『高慢と偏見』にゾンビを混ぜるとかいう時点で相当ふざけてるのですが、映画の作り手はいたって真剣なので余計にシュール

高慢と偏見とゾンビ見に行ったんですけど、本当に女子の夢を詰め込んだ感が凄かった… みんな見たほうがいいよ… 見る前はエリザベスがリリージェームズかぁと思ったけどいいよ、2時間ずーっとときめきしかなかった pic.twitter.com/Mc0M89WhWh

美少年が最悪「シークレット・オブ・モンスター」(ミステリー)

まるで少女のように美しい絶世の美少年・プレスコットがやがて“独裁者”へと変貌してしまうまでに迫った心理ミステリー

ヴェルサイユ条約締結直前のフランスを舞台に、アメリカから来た政府高官の幼い息子が、やがて狂気のモンスター”独裁者”へと変貌してしまう

絶世の美少年が悪へと堕ちていく姿に戦慄する…。

難しい設定の役を、完璧にこなした主演トム・スウィートの演技も見どころ。

トム・スウィートは美少年というだけでも目を引くが、劇中では常に不満の中にいる未来の独裁者という難役を完璧に演じている

『The Childhood of a Leader』、女装させられて育った子どもが病的な嘘つきになって他人を操りだしてやがて右翼のリーダーになる話らしいんだけど、その役を演じるトム・スウィートさんに今世紀最強級の"圧"が感じられる pic.twitter.com/wN1QcJgZ2p

昼間からずっとシークレットオブモンスターのトレイラーみて悶えてる、トム・スウィートさん最高では

1 2





nogutiSunさん

野口です。細々とまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう