1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

少女達を21人解放… ボコハラムで異例の展開が起きている

2年前に200人もの女子生徒を誘拐したボコ・ハラム。しかし、そのテロ組織が女子学生を21人解放させるなど、ますます状況が進展しています。

更新日: 2016年10月14日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 123211 view
お気に入り追加

みなさんはあの事件を覚えていますか?

ボコ・ハラムは、2014年4月15日未明、学校を襲撃し、学校を警備していた警察官らを射殺し、生徒たちを拉致した

イスラーム過激派とタクフィリ(英語版)思想家集団からなるテロ組織ボコ・ハラムの手により犯行声明が出された

誘拐された少女たちの一部は奴隷に売られたり、兵士と無理やり結婚させられたりしたと伝えられている

ボコハラムの少女の人質が解放された

ナイジェリアを拠点とするイスラム過激派ボコ・ハラムが、拉致していた200人以上の少女のうち21人を解放した

関係者によれば、21人は夜明け前にカメルーン国境に近い北東部の町バンキで政府側に引き渡されたという

交渉による解放が実現したのは今回が初めてで、残りの生徒たちの早期救出にも期待が高まっています

赤十字国際委員会が今回の解放の立役者となりました。

ロイターによると、今回の解放は、スイス政府、赤十字国際委員会(ICRC)の仲介で実現した

解放された少女達は大統領と面会

思わず泣き出してしまう少女もおり、副大統領自ら彼女らのそばで話を聞くような場面もみられました

ナイジェリアのブハリ大統領は8月下旬のインタビューで、生徒らの解放に向けてボコ・ハラムとの交渉に応じる姿勢を示していた

以前から少女の解放を求める声が相次いでいた

オバマ大統領夫人らが声を挙げていました。

ミシェル・オバマ米大統領夫人らが「少女たちを取り戻そう」とソーシャルメディアで訴えたことが話題となり、救出を求める国際世論が高まった

ミシェル夫人はこれまでホワイトハウスの週例演説に大統領とともに登場したことがあるが、単独での演説は初めて

そのおかげで少女が一人救出されたことも

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」に誘拐された事件で18日、ナイジェリア北東部の森林地帯で被害者が初めて救出された

ヌケキさんは2014年4月14日にチボックにある学校の寮から連れ去られた女子生徒約200人の1人だった

少女は生後4か月の乳児のほか、少女の夫だと称する「ボコ・ハラム」のメンバーの男と一緒だったという

ネット上からも喜びの声が

ボコハラムから解放された少女達は本当によかった。しかし戻った場所では差別が待っている現実を国境を越えて国際社会がなんとか保護してあげないとね。同じ人間なのにたまたま生まれた国では人間が人間でなくなる。人間てのは人間で在ろうと意識しないと化け物になるんだよね。

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう