1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

やっぱりエンピツ。「鉛筆がモチーフ」のアイテムたち

アタマ貫通型のえんぴつイヤフォンが欲しい。

更新日: 2016年10月15日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 43942 view
お気に入り追加

▼ やっぱりエンピツ。

◇ えんぴつ型シャーペン

ペン先も鉛筆を削った下地の木がのぞき見た目は鉛筆そのまま! 後ろの消しゴムを押すと芯が繰り出されます。伝統的な鉛筆の製造工程そのままのボディにシャーペンのメカを組み合わせました。

細部に至るまでしっかりと丁寧に作り込まれています。例えば、美しい木目を活かした滑らかな木の表面だけでも5段階もの工程を経て仕上げられています。

◇ えんぴつ型スタンドライト

どこからどう見ても巨大なエンピツの「Drew」ですが、消しゴム部分が照明の役割を果たしているという仕組み。

ふだん目障りになりがちなコードが、エンピツが描いた線としてデザインの一部になっているのがステキですよね。

◇ えんぴつ型定規

マグネットつきの定規です。
普通に定規として使うのはもちろんですが、ボードにメモを
くっつけておくマグネットバーとしても。

◇ えんぴつ型消しゴム

本物の鉛筆で言う、消しゴムと木軸を留めている金具部分がこの、健筆型消しゴムでは樹脂になっているので、持ちやすいようになっています。

◇ えんぴつ型電動えんぴつけずり

芯がとがれば必要以上に削らない、ムダ削り防止機能つき。クズケースが収まっていないと動かない、安全オートストップ機能つき。

見ているだけで楽しくなりそうな鉛筆削りは、入学祝いやギフトにもおすすめです。

◇ 色鉛筆が入ったえんぴつ型ウッドケース

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう