1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

骨折梶谷がダイブ…横浜DeNAが執念で掴んだCSファイナル初勝利

プロ野球クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦。広島カープ投手陣にいい所がなかった横浜DeNAベイスターズ。ラミレス監督が打線改造を決断、そしてエリアンの一発で連続無得点を止めたDeNAナインの気迫の守備で守りきり、CSファイナルステージ1勝目を挙げた。

更新日: 2016年10月15日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 15199 view
お気に入り追加

▼横浜DeNAベイスターズがCSファイナルステージで初勝利を挙げた!

DeNAがエリアンの1号、梶谷の気迫適時打で、広島先発の黒田を撃破。日本シリーズを阻止した。

・沈黙していた打線…エリアンの一発が重い空気を振り払った!

四回2死一塁の場面ではラミレス監督から「内角球は引っ張れ」とアドバイスされて打席へ。

「打ったのはスライダーかカットボールだと思います。追い込まれていたので、どのボールにも対応できるようにした結果、コンパクトに振り抜くことができました。先制できうれしいです」

・石川が、骨折中の梶谷が意地のプレー…その気迫がナインを鼓舞した

八回無死一塁、代打エルドレッドのファウルゾーンへの打球を、右肘をフェンスにぶつけながら好捕し「エルドレッドをアウトに取るのと取らないのでは(展開が)違う。長打もあるし、あそこで終わらせたかった」と胸を張った。

8回広島2死満塁の好機には、肉離れによる離脱からこの日登録されたばかりの須田が登板。新井が打ち上げた右邪飛を、左手薬指を骨折している梶谷がダイビングキャッチ。痛みに顔をゆがめながらもボールを離さなかった。

・先発井納ら投手陣が完封リレーで広島カープにお返し

初回に安打と四球で招いた1死一、二塁のピンチを切り抜けると、2回以降は二塁も踏ませず。5回3失点で降板した広島先発・黒田に投げ勝った。

「結果的に田中広輔には打たれてますけど、シーズン中は上位の1、2、3番をしっかり抑えているので、恐れて投げることなく強気に攻められた」

▼必死に食らいつくDeNA、根性を見せた試合がツイッターでも話題に

横浜DeNAベイスターズ、CSファイナルS初勝利で反撃開始。それにしても、また明日も試合があるという喜びが半端ねぇ!!明日も勝つ!!I ☆ YOKOHAMA #baystars

意地で掴んだ1勝!これが今のベイスターズの底力!【CSファイナル初勝利!!】 nicelog.net/dena/csfw.html

今日はベイスターズのガッツあふれるプレーか観られて良かった。明日も頼むよ! <CS速報>横浜DeNAが黒田を攻略してファイナルS初勝利!(THE PAGE) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-… #Yahooニュース

石川ファインプレーも負傷交代、ツーアウト満塁のピンチで肉離れから復帰したての須田、ファウルフライを指骨折してる梶谷がフェンスに激突しながらもキャッチしてチェンジ 絶対このチームが主人公だわ

▼ドジャース時代にメジャーで先発だった黒田とマイナーにいたエリアン

▼不振の打線にショック療法?ラミレス監督が考えぬいた打線が機能

ラミレス監督は「長い時間をかけて、宮崎を外す大きな決断をした。午前2時に決めた。エリアンには、第1打席を見て『内角を意識して引っ張れ』と言った」。的確な用兵と助言が光った。

▼短期決戦に強い”宇宙人”井納翔一が前回登板に続いての好投

1回の登板前。プレート後方にしゃがみ込み「決闘」の2文字をマウンドに記した。「シーズンとは違う。負けると巨人が圧倒的に有利になる。やるか、やられるかの意味を文字に込めた」。

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう