1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過労自殺で電通に立ち入り「かとく」調査に政府が本気っぽい

大手広告会社、電通の新入社員の女性が過労のため自殺した問題で「かとく」(過重労働撲滅特別対策班)が動き政府の本気度が…この一件の問題点と今後の働き方、どう思いますか?

更新日: 2016年10月15日

75 お気に入り 231960 view
お気に入り追加

電通社員過労自殺に抜き打ちの調査

社員に違法な長時間労働をさせていないかなど労務管理に問題がないか調べを進めています。

全社で長時間労働が常態化している疑いがあるとして、関西など3支社も同日までに地元労働局が調査した。

そもそもの問題の始まりは…

試用期間が終わった昨年10月から残業時間が急増し、月100時間を超えて「過労死ライン」とされる80時間を上回っていた。

十一月上旬にはうつ病を発症したとみられる。十二月二十五日、都内の社宅から投身自殺

今回の件は、労働基準法に定めた「臨検」と呼ばれる措置

1991年にも入社2年目の男性社員=当時(24)=が過労自殺し、訴訟で管理責任を認定された点を重視し

調査を終えたとみられる監督官が玄関から出てくると、詰めかけた十数人の報道陣が殺到。同社前は一時騒然とした雰囲気になった。

これまでは、電通をタブー視する考えや流れが…

広告費に依存せねばならぬテレビ・新聞にとって、もみ手して接しなくてはいけない相手だというのは、業界外の人間でもなんとなく想像がつく

「電通」という、給与水準も高く、新卒で内定を得られたら「勝ち組」と称えられる一流企業に「かとく」が立ち入った

そんな中で、政府の本気がみえた電通捜査!

重大性や悪質性の高い労働基準法違反を取り締まる役割を担うため、2015年にベテランの労働基準監督官を集めて、東京および大阪の労働局に新設された組織

「働きすぎによって尊い命を落とすことがないよう、働く人の立場にたって長時間労働の是正、同一労働同一賃金を実現したい」

日本の活力や国際競争力を維持するためには、過重労働の防止や、企業の労働生産性を高めることが不可欠だ、という考えを、政府が本気で持つようになった

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する