1. まとめトップ

コロワイドが「フレッシュネスバーガー」を買収・株主優待は使えるのか?(*・ω・)ノ

かっぱ寿司」に続き、ハンバーガーチェーンの買収で、コロワイドの株主優待の利用できる店舗が増えるのでしょうか?ただ、レインズインターナショナルの「牛角」等では株主優待が利用できていないこともありますので、微妙ですが是非、株主優待が利用できるようお願いしたいと思います。

更新日: 2016年10月15日

0 お気に入り 1889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

july701さん

コロワイドが「フレッシュネスバーガー」を買収(*・ω・)ノ

株主優待でフレッシュネスバーガーが食べられる?

10月14日、コロワイドはハンバーガー国内5位の「フレッシュネスバーガー」を
展開するフレッシュネス買収を正式発表しました。

以下 日経の記事からの引用

外食大手のコロワイドは14日、ハンバーガー国内5位の「フレッシュネスバーガー」を展開するフレッシュネスを買収すると正式に発表した。コロワイド傘下のレインズインターナショナルがユニマットグループからフレッシュネスの全株式を取得する。コロワイドはフレッシュネスの店舗を増やし、外食事業を拡大する。

 コロワイドが14日に開いた取締役会で決定した。株式の譲渡は12月1日付で、取得額は数億円となる見通し。コロワイドは「業績に与える影響は軽微」と見ている。

 フレッシュネスのチェーン売上高は約80億円で国内のハンバーガー業界5位で、店舗数は同4位の約160店。東京都心部などに店があり高品質なハンバーガーを提供するフレッシュネスのブランド力と、焼き肉チェーン「牛角」などでフランチャイズチェーン(FC)展開のノウハウを持つレインズの事業基盤を生かし出店拡大をにらむ。
(日経電子版2016/10/14 12:27)

「かっぱ寿司」に続き、ハンバーガーチェーンの買収で、コロワイドの株主優待の利用できる店舗が増えるのでしょうか?
ただ、レインズインターナショナルの「牛角」等では株主優待が利用できていないこともありますので、微妙ですが是非、株主優待が利用できるようお願いしたいと思います。

7616 コロワイド

株価 1,948円 前日比 +27(+1.41%)

株主優待 権利確定 3・9月
 
≪株主優待の案内≫
 500株以上の株主にコロワイドグループ店舗(一部の店舗では
 利用できない)で利用できる優待ポイント(1万円相当)を下記
 期限に合わせ各2回発行。
 
 基準日(9月30日):12月と翌年3月に発行(各1万円相当)
 基準日(3月31日):6月と9月に発行(各1万円相当)
 
 ○株式会社コロワイドの株主優待
 ○株式会社アトムの株主優待
 ○カッパ・クリエイト株式会社の株主優待
 
≪利用の際のお願い≫
 *株式会社レインズインターナショナルの店舗では、上記3社
  発行の株主優待は利用できない。
 *コロワイドグループの一部店舗では、上記3社発行の株主優
  待は利用できない。
 *ポイントは、1ポイントにつき1円分、飲食代金の支払いに充
  当できる。
 *ポイントの有効期限は、ポイント付与日より1年間。
 *株主優待ポイントで各種ギフト商品が購入できる。
  コロワイドグループの店舗がない地域に居住の方、または希
  望の方には、株主優待ポイントと引き換えに、コロワイドが
  厳選した日本各地の特選品を購入できる。
 
≪その他利用の際のお願い≫
 *利用の際には、株主優待ポイントサービス利用規約の記載事
  項および、店舗係員の案内にしたがって利用すること。
 *株主優待カードの取り扱いについて
  本カードは株式の売却をおこなったとしても、株主名簿に記
  載されない時期がない限り、既存のカードを継続して使用で
  きるので、大切に保管すること。
 *いかなる理由があろうとも有効期間が切れたポイントの利用
  はできない。
 *個人情報は弊社サービスの提供にのみ利用され、第三者への
  漏洩を禁止している。
 
(2016年4月6日現在)

コロワイドが「フレッシュネスバーガー」を買収について

外食大手のコロワイドと連結子会社のレインズインターナショナルが、ハンバーガーチェーン事業「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)」を買収する。同グループファストフード事業参入は初めて。

外食大手のコロワイドと連結子会社のレインズインターナショナルは10月14日、ユニマットグループ傘下のフレッシュネスが営むハンバーガーチェーン事業「FRESHNESS BURGER(フレッシュネスバーガー)」の買収を発表した。同グループ初のファストフード事業参入。

フレッシュネスバーガーは1992年に1号店をオープンし、現在は首都圏を中心に159店舗を展開している。アーリーアメリカン調の店舗コンセプトと、バラエティに富んだメニューが特徴の、やや高価格帯のハンバーガーチェーンだ。2017年3月期業績は売上高55億円を見込み、16年6月30日を基準日とした総資産は32億円、純資産は4億円。

 レインズがハンバーガー事業を取得し、外食チェーン「牛角」「温野菜」などで培ったプラットフォームを活用することで、エリア展開・出典を加速し、事業成長を実現することを狙う。また、コロワイドグループの購買機能を活用し、コスト面のシナジーも実現するという。

 コロワイドグループは「外食日本一企業の実現、そしてグローバル外食企業へ」という長期ビジョンを掲げている。14年には「かっぱ寿司」を買収。居酒屋を基本にしながら業態を拡大してきた同グループは、ファストフード事業に参入する。

 フレッシュネスは、11月1日付でハンバーガー事業を新設分割し、レインズは分割により新たに設立された会社の全株式(187株)を取得する予定(取得価額は非公開)。新会社は「株式会社フレッシュネス」の商号を引き継ぎ、現フレッシュネスは商号を変更する予定だという。

居酒屋「甘太郎」などをチェーン展開する外食大手のコロワイドは14日、有力ハンバーガーチェーンの「フレッシュネスバーガー」を手掛けるフレッシュネス(東京都中央区)を買収する、と発表した。ユニマットホールディングが保有するフレッシュネスの全株式を12月1日付で取得する。買収金額は明らかにしていないが、数億円規模とみられる。

 コロワイドは焼き肉や回転すしチェーンなどを買収し事業を拡大してきたが、ハンバーガーチェーンには初参入。

フレッシュネスはハンバーガーチェーン国内5位で、平成29年3月期の売上高は55億円の見込み。コロワイド傘下で焼き肉チェーン「牛角」を展開するレインズインターナショナルが、フレッシュネスの株式を取得する。

 コロワイドは「牛角」などのフランチャイズチェーン(FC)オーナーにフレッシュネスの出店を働きかけ、店舗数を現在の159店から拡大する方針だ。グループの他の業態とも連携し、調達コストの削減などにもつなげる。

 コロワイドはここ数年で「牛角」や回転すしの「かっぱ寿司」などの有名チェーンを狙って傘下に収めている。

フレッシュネスバーガーについて

商号:株式会社フレッシュネス
設立:1981年6月26日
資本金:1億円
代表取締役:髙橋 洋二
所在地 :104-0041 東京都中央区新富1-14-10 ユニマット新富ビル
TEL 03-6222-8170 / FAX 03-6222-8175

コロワイドについて

関連記事

1 2