1. まとめトップ

斜め上を行く破壊力!タイの次期新国王(?)をご覧ください

プミポン国王が亡くなられ、ワチラロンコン皇太子が時期国王となる見込みですが、このお方…なかなかの破天荒っぷりです。

更新日: 2018年09月06日

6 お気に入り 262673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aka_teihenさん

タイ国王が亡くなられたのは記憶に新しい

タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が13日午後3時52分(日本時間同5時52分)、首都バンコクの病院で死去した。88歳だった。王室事務局が発表した。死因は明らかにされていないが、感染症などで治療を受けていた。

プミポン国王は、70年もの長期にわたった在位中、強い指導力で国家の危機を乗り越えてきた。国民生活向上に貢献する施策も打ち出し、カリスマ的人気を集める国民統合の象徴として、絶対的権威を確立した。

タイのプミポン国王が死去したことを受けて、13日夜、タイのプラユット暫定首相は、ワチラロンコン皇太子と会談し、新たな国王への即位を要請しましたが、皇太子が「国民と悲しみをともにし、決意を固める時間が欲しい」と求めたため、議会での承認は後日に見送られました。

ワチラロンコン氏の評判はすこぶる悪い

ワチラーロンコーン新国王は極めて素行が悪く、タイでは珍しく嫌われているのだ。
タイ国内では不敬罪にあたるため、堂々と悪口を言うことはできないが、ワチラーロンコーン氏のプライベートの度重なる素行不良が原因で評判は地の果てまで落ちている。

世界震撼の衝撃画像

2016年7月22日、ワチラーロンコーンがドイツに持つ別荘に向かう途中、ミュンヘン空港での姿を現地のタブロイド紙が発表している。

その時の服装は、上は女もののタンクトップ、下はジーンズにサンダルというラフな格好の上、背中には大きな刺青が施されていた。後にその刺青はペイントであることが判明したが、あまりの奇行さにその写真記事は世界中に拡散された。

他にも数々の問題が

具体的にはチンピラみたいなファッションに、連発している愛人問題。遊び好きの性格などが合わさって、不敬罪があるタイでも国民の人気は最低レベルとなっています。

王室のパーティーで、当時3人目の妻であったシーラット妃を、大勢の人間がいるなか一人だけ裸にさせている映像が出回った 。

国軍との関係が深く、3度離婚。関係者の収賄などでの逮捕者数多。2度目の妻の一族は追放。3度目の妻は元ストリッパーで王室パーティで全裸で踊り離婚。一族が汚職や不敬罪で次々と逮捕。

ファッションセンスの最先端を行くワチラーロンコーンのタンクトップ姿

ぷみぽんくんはとてもいい人(ついでに早死にしてしまったぷみぽんくんのパパもいい人)なのに 息子ワチラロンコンくんが結構ぶっとんでるんだな… どうなるのでしょうかね…

タイの国王死去で、ワチラロンコン皇太子には注目しないといけないですね。個人的にはあの人はどうも・・・でかなり心配。タイの民主主義は、国王を元首に置き、その徳と権威に議会制民主主義を併存させるスタイルだけど、徳があるとは思えないあの方では・・・

1 2