1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

くっそ欲しい。「オブジェのよう」と言われるアイテムたち

デザイン性すごすぎ・・。

更新日: 2016年10月15日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
91 お気に入り 47838 view
お気に入り追加

▼ まるでオブジェのよう。

◇ ガラス製のアナログiPhoneスピーカー

デンマーク王室御用達の、品質の高い本格的な吹きガラス技術を駆使して作られています。照明や家具で培ったガラス加工の技術が、ふんだんに盛り込まれたスピーカーです。

ガラスそのままの素材感を活かした、iPhone用スピーカー/URANIAのシンプルな構造は、とても柔らかい音を空間に響かせてくれます。

電気に一切頼らず、吹きガラス自体のエネルギーを利用して効果的に音質の改善と音量を拡大するアコースティックなサウンドアンプは、ホルムガードがガラスウェアに新たな分野を築いた、伝統と革新、過去と現代を繋ぐ先見的なデザインといえるでしょう。

◇ 覗く場所が3つな金魚鉢

「金魚の生活にもプライバシーが必要なはず」という面白いコンセプトで作られた、
オブジェのような金魚鉢。

水族館のように窓が3ヶ所配置され、トンネルを潜るように金魚が通り過ぎる様子が美しい。

魚達のニーズを考えてデザインされましたが、同時に人間生活の根本的な部分を投影するような空間は、魚の観賞以上にオブジェとしての意味を持っています。

◇ 表に出すぎた貯金箱

美しい曲線を描いていたのは、きれいに配列されたコインの丸みでした。

ロンドンにスタジオを構えるアーティスト、Pierre Ospinaさんにより作られたCollecsは、お金を貯めていくことで、オブジェが完成していく貯金箱なのです。

これならオブジェをどうにか完成させたくて、少しずつでも前進していきそうな気もしますね。
完成しちゃうと今度は使いにくいような気もしなくはないですが、小銭貯金の新しいアイデアではないでしょうか。

◇ 点け方がユニークなデスクライト

下に転がっていた球体をそっと持ち上げるとそのまま浮き上がり、フレームに装着された照明がオン。

2つの球体が磁力で引き合うと、スイッチが入るという仕組みなんです!

◇ デザイン重視なダンベル

真鍮にクロームメッキを施し高級感漂う仕上がりです。内側にはサーモプラスチックラバーを施し専用スタンドへも滑らかに収納することが可能。

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう