1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヒマラヤで登山中の日本人大学生が滑落し行方不明になってしまった…

手がかりが見つからず捜索は打ち切られた

更新日: 2016年10月17日

3 お気に入り 9996 view
お気に入り追加

こんなニュースが…

ヒマラヤ山脈のマナスル(8163メートル)で登山をしていた邦人男性が頂上付近で滑落し

ヒマラヤで登山をしていた大学生

行方が分からなくなっているのは、東京農業大学山岳会の登山隊のメンバー、小野寺央峻さん(23)です。

計画書では

同会の宮崎紘一会長や登山隊の計画書によると、チームは6人で構成され

8月中旬に日本を出発し、9月に入山。10月下旬の帰国を予定している

先月からネパールのヒマラヤ山脈にある標高8163メートルのマナスルの登山を行っていました

事故に至るまでの経緯

標高約7400メートルのアタックキャンプから小野寺さんと別のメンバーの2人組で登頂したが

登山隊のほかのメンバーは全員、下山したということです。

捜索が行われてたが手がかりが見つからず打ち切りに

ヘリコプターを使って行われていましたが、手がかりが見つからず、捜索は打ち切られました

山岳会の宮崎紘一会長によると、同日に現地のネパールの登山隊メンバーから捜索を終えると連絡が入った

日本人が登ったことのないルートに挑戦して登頂したことを喜んでいたところだった。小野寺さんの行方が分からなくなったと聞いて、無念としか言いようがない

8千メートル級の山に登れる時期は、1年の中でも短いが、今後マナスルに入った登山者から新しい情報が得られれば捜索を再開したい」と話している

1 2





東海道線18きっぱーさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう