1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

阪神の未来を担え!岩貞、青柳、原口、北條、高山!2016年に躍動した阪神の若手選手5人衆

金本監督が就任し、超変革を掲げて戦った阪神タイガース。2016年躍動した若手選手5人、岩貞、青柳、原口、北條、高山を紹介します。

更新日: 2016年10月20日

hiruhaakaruiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 6773 view
お気に入り追加

◼︎岩貞祐太

投手
1991年9月5日(25歳) 横浜商科大学出身

【2015年シーズンの成績】
5試 1勝1敗 防4.35

【2016年シーズンの成績】
25試 10勝9敗 防2.90

金本監督からの言葉も力になったようです

「何かのきっかけでフン詰まりが解消できて、同時に自分の判断で対応できるようになった。スライダーがよくなったとか、スピードが増したとか、アイツの飛躍の理由を新聞などで目にするけど、まあ、それもそうなんだろうけど、それ以上に実戦のマウンドで自立できるようになったよね」

 マウンドでの立ち居振る舞いが、間違いなく昨年と違っているという。

「顔色が違うでしょ。顔つきも違う。威風堂々、マウンドから打者を見下ろして投げている。グラウンドのなかで、マウンドがいちばん高い場所なんだってことを、今頃になって実感しているんじゃないかな」

自身初となる2桁10勝

ローテーションを守り続け、二桁10勝を挙げました。

◼︎青柳晃洋

投手
1993年12月11日(23歳) 帝京大学出身

【2015年シーズンの成績】
プロ入り前

【2016年シーズンの成績】
13試 4勝5敗 防3.29

独特なフォームの“クオーターハンダー”

サイドスローとクオータースローの中間のようなフォームです。

プロ初登板初先発で初勝利

6月1日の楽天戦で5回3安打1失点の好投を見せプロ初登板初先発初勝利

制球に難があるものの、ハマれば完璧なピッチングを披露し、大器の片鱗を見せています。

◼︎原口文仁

捕手
1992年3月3日(24歳) 帝京高校出身

【2015年シーズンの成績】
一軍出場なし

【2016年シーズンの成績】
107試 率.299 本11 点46

ユニホームが間に合わず、山田2軍バッテリーコーチから借用

いかに急な出来事だったかわかりますね。

プロ初安打も山田コーチのユニフォームで、、、笑

原口文仁選手が5月度「日本生命月間MVP賞」を受賞

育成出身の野手としては初めての月間MVP受賞

◼︎北條史也

遊撃手
1994年7月29日(22歳) 光星学院出身

【2015年シーズンの成績】
1試 率.000 本0 点0

【2016年シーズンの成績】
122試 率.273 本5 点33

4年目でのプロ初安打を本塁打で飾った。

4月3日のDeNA戦(横浜)で七回に代打で出場し、4年目でのプロ初安打を本塁打で飾った。

阪神鳥谷がスタメン落ち フルイニング667試合でストップ

鳥谷の後釜としてショートのレギュラーに定着

◼︎高山俊

外野手
1993年4月18日(23歳) 明治大学出身

【2015年シーズンの成績】
プロ入り前

【2016年シーズンの成績】
134試 率.275 本8 点65

11年夏の甲子園。絶対的なエースと超強力打線を擁し、決勝の光星学院戦は11-0の圧倒的大差で優勝。21世紀の甲子園最強チームと言われれば、あの夏の日大三を推す声も少なくない。

日大三高の5番ライトとして夏の甲子園で優勝

1 2





hiruhaakaruiさん

このまとめに参加する