1. まとめトップ

【おすすめ】お絵かき(イラスト)やFPSがはかどる左手用デバイス一覧

お絵描きをするイラストレーターさんや、FPSやMMOをされるゲーマーの方ならご存じのおすすめ左手用デバイス(左手用キーボード・入力補助ツール)を一覧としてまとめました。その他として代用できるものや、旧製品に関しても記載しております。

更新日: 2019年02月06日

18 お気に入り 114247 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gagaga1394さん

左手用デバイス(入力補助ツール)とは?

通常キーボードで行う「コピー/Ctrl+C」や「貼り付け/Ctrl+V」などのキーコンビネーションによるショートカットを片手でワンクリックで使えるのが通称「左手デバイス」です。PCで絵を描く時やゲームに活用されている方は多いと思います。
ここでは左手用デバイスをまとめる他、入力補助ツールとして使えそうなものを記載します。
また、JoyToKeyを利用すれば本来マクロ機能のない入力装置も入力補助ツールとして使用することが可能ですが、本稿においてはJoyToKeyを利用せずに使用できるものを中心にまとめていきます。

現行の左手用デバイス(ゲーム・お絵かき)

オススメ度★★★★★
http://amazon.jp/dp/B0183GB4XE
利き手:右利きの人
キースイッチ:メカニカル
キー数合計:22個+8方向サムパッド
サイズ調節可能なリストレスト
瞬時に切り替え可能なキーマップ数:8種
下記のRazer Tartarus Chromaの上位モデルでキースイッチとキーの数の違いが主な点、キー数は多いが、最上段のキーはアクセスしやすいキーではないのでプロファイル切り替え用にするのが良いでしょう。

オススメ度★★★★★
利き手:右利きの人
キースイッチ:メンブレン
キー数合計:21個+8方向サムパッド+ホイール
サイズ調節可能なリストレスト
瞬時に切り替え可能なキーマップ数:8種
旧n52teのキー数を増やした正当進化のような製品。
メンブレンなので壊れる心配はキースイッチ関係のトラブルはなさそうですね、Razerは今後左手用デバイスから撤退はしなさそうなのでこちらでRazerのデバイスで慣れていた方が良いかもしれませんね。

オススメ度★★★★★
利き手:右利きの人
キースイッチ:メカニカル
キー数合計:43個
見ての通り非常にシンプルな左用キーボード、キーボードの左側をそのまま切り取った用なデザインです。シンプルなデザインなので一応右手でも使用することは出来そうですね。シンプルなデザインゆえに邪魔にならないのもいいですね。価格も良心的なので入門用にもいいですね。とにかくシンプルなのでいろんな用途でつかえそうです。

現行の左手用デバイス(お絵かき専用)

オススメ度★★★★★
2016/10/10現在の価格:5,480円
http://amazon.jp/dp/B003VWU2WA
利き手:どちらでも可能
外付けのつまみボタンです、押し込み、長押し、普通に回す場合と、押しながら回すのにボタン設定が可能で、ブラシ等のサイズ調整に真価を発揮する便利ツール、これ単体ではなく他の入力ツールとの併用もよく見られます、ペンタブレットのショートカットボタンの横にちょこっとおいてる人も多いです。価格もそこまで高くないので試しに買ってみても損はない製品だと思います。

オススメ度★★★
http://amazon.jp/dp/B0000C03C0
利き手:どちらでも可能
中央のダイアル型のホイール+15ボタンですが、実際にアクセスできるボタンは10個程度となります、キートップのクリア部分は取り外せるようになっており、シールなどを貼ることも可能です。

オススメ度★★★★
利き手:どちらでも可能
キースイッチ:パンタグラフ
キー数合計:10+ホイール
ワイヤレスで使用可能な補助用デバイス、ペンタブの隅におけるミニサイズが特徴。

オススメ度★★
2016/10/10現在の価格:11,253円
http://amazon.jp/dp/B0116TKZ6C
利き手:どちらでも可能
ワコムのIntuos Pro用の左手用デバイス、しかしいくらワコムとは言っても価格が価格なのでこれを購入するなら他の左手用デバイスを購入したほうがいいかもしれませんね。

左手用デバイス(入力補助ツール)として代用できるもの

オススメ度★★★★
2017/03/09現在の価格:4,608円
www.amazon.co.jp/dp/B01MS8OGU1
利き手:どちらでも可能
ご存じニンテンドースイッチのコントローラ、これも見た方は直観的に使えると思った人も多いのでは?片方だけでも打っており、右利きの人は「L」を左利きの人は「R」のコントローラを購入すればよいと思います。Bluetoothレシーバーが必要なのが注意です。選択の幅が少ない左利き用コントローラとしてはかなり面白いと思います。ニンテンドースイッチを購入されている方は試してみてはいかがでしょうか?

※JoyToKeyを使用

オススメ度★★
2016/10/10現在の価格:1,636円
http://amazon.jp/dp/B00CDG799E
利き手:どちらでも可能
正直接続できるゲームパッドならなんでもよいです。昔左手用デバイスが少なかった頃に使用されていたこともありました。片手で使うことが前提の入力補助ツールとしては無駄にしているキーが多くなりますが、ジョイスティック、方向キーなどがあるため、見た目以上のキーのボタン数となります。ゲームパッドをすでに持っている方は試してみてもおもしろいですね。

※JoyToKeyを使用

オススメ度★★★★
2016/10/10現在の価格:2,018円
http://amazon.jp/dp/B004INFZEG
利き手:どちらでも可能
見た目はテンキーですが、各キーに複数キー同時押しのショートカット機能も割り付けできるので、入力補助ツールとして使用することが可能です。価格が安いので入門用としても良いですね。キー数もそこそこで、完全な左右対称デザインなので利き手を選ばないのも〇。

その他入力補助ツール

オススメ度★★
http://amazon.jp/dp/B004BTFUFQ
見ての通りショートカットを仕込めるフットスイッチ、ここまでする必要があるのかは少し疑問です。なにとはいいませんが緊急時にブラウザとか終了用の停止スイッチとかに面白いかもですね。ちなみにスイッチ音は癖になる音でした。

販売・生産が終了した旧製品

オススメ度★★★★★
http://amazon.jp/dp/B00CHF5HWC
利き手:右利きの人
キースイッチ:メンブレン
キー数合計:25個+8方向スティック
瞬時に切り替え可能なキーマップ数:3種
割りと大きいのでスペースと要相談、現在使用中のプロファイルが直観的にわかりやすく使用しやすい。サイズ的に手の小さい人はアクセスしにくいキーもあるので要注意。
また、ほぼ左右対称デザインなので左利きの人は現状これ一択かもしれません。

オススメ度★★★
https://www.amazon.co.jp/dp/B07B6195ZT
利き手:右利きの人
古い商品なので公式サポートは切れてますが、有志によってドライバが作成されているようで、未だに使用者がいる謎デバイスです。

オススメ度★★
2016/10/10現在の価格:3,863円
http://amazon.jp/dp/B00LSCXLQE
利き手:どちらでも可能
IllustStudioを代表とするセルシス製ソフトの専用コントローラとなる左手用デバイスとなり、他社製ソフトで使用しようとすると上記のJoyToKeyを使用しないといけない模様、セルシス製ソフトを使用している人は検討しても良いかもですね。

※例外的な使用においてJoyToKeyが必要

オススメ度★★★★★
http://amazon.jp/dp/B012G8E180
利き手:右利き
キースイッチ:メンブレン
キー数合計:17個+8方向サムパッド
瞬時に切り替え可能なキーマップ数:8種
上記のRazer Orbweaver Chromaの下位モデルで
キースイッチとキーの数の違いが主な点、約7000円程違うので、そこに魅力を感じなければこちらを選択してもいいですね。

http://amazon.jp/dp/B0016FX3SE
現行のRazer Orbweaver Chromaの旧モデル、マウスホイールがついているのと、スティックの仕様の違いがあります。旧モデルにはホイールが付いているのでこちらを愛用している人もまだいます。スティックに関しては現行モデルが使いやすいので悩ましいところですね。

https://www.amazon.com/Belkin-Nostromo-Speedpad-n50-10-Button/dp/B00005U2DX
上記のBELKIN ゲームパッド Nostromoよりもさらに旧モデルがこちら、キー数が圧倒的に少なくなっており、親指スペースがなく、現在においてはこちらを選択する必要はないかと思われます。

1 2