1. まとめトップ

【詐欺】「街頭募金詐欺」という、道行く人の良心につけ込んだ最低の詐欺行為

街中を歩いているとよく見かける街頭募金。しかしそれらの大半が詐欺だと言われており、実際に街頭募金詐欺で逮捕される人達や、詐欺集団だと判明している団体も多くなっています。その人の良心につけ込んだ最低の詐欺である、街頭募金詐欺について調べてみました?

更新日: 2016年10月22日

3 お気に入り 48096 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuuyuu123さん

■街頭募金で金儲けをする人が後を絶たない!

街頭募金は単なる金儲けでやっている場合がほとんどで、決して恵まれない子供や動物愛護のために行っているわけではありません。

街中を歩いているとよく見かける街頭募金活動。

大きな声で募金を呼び掛けている人もいれば、
動物や子供達と一緒に募金活動をしている人、
中には直接声を掛けてくる人もいたりしますよね。

しかしその人達は本当に信頼出来るのでしょうか・・・?

実は今街頭募金の大半が、金儲けが目的の詐欺だと言われており、
道行く人たちの良心につけ込んだ悪質な「街頭募金詐欺」が増えているのです。

街頭募金詐欺は、あたかも実在するようなボランティア団体を名乗り、主に都市部の繁華街や駅前、およびその周辺で活動している。

■増え続ける街頭募金詐欺とその被害者

昔は少し突けばボロが出るようでしたが、今は有名な団体名を名乗るなど、手口が年々巧妙化しているみたいですね。

街頭募金詐欺は他の詐欺と同じように、
年々手口が巧妙化し、更に悪質な詐欺へと変貌しています。

日本では不景気の煽りや震災の被害の影響もあり、
街頭募金詐欺が増えてきているのと同時に、
詐欺被害者たちも増えているようです。

最近は、聞きなれない名前だけではなく、誰でも知っている既存の団体名や、それと酷似した名前を名乗って、堂々と募金活動をしている実態も報告されています。より手口が組織的で巧妙になってもいるのです。見極めるための決定策はないといってもいいでしょう。

■アルバイトで街頭募金活動している人もいる!

そしてその時給は当然寄付した人のお金から・・・最早何のための慈善事業なのかわからないですよね。

募金活動自体を駅前で行っているのは、時給1000円のアルバイトみたいですね。求人募集を探してみると出てきました。あれだけ大きな声で、延々と募金を叫び続けるのはボランティアでは出来ないと思っていただけに、これは納得ですね。

•求人Free/NPO法人青年協議会新宿支部(新宿区の求人情報)

①街頭募金スタッフ
10:00~18:00(実働5h)
週1から可

②企画・総合職
10:00~19:00(実働5h)

③犬猫のお世話
10:00~19:00(実働5h)

■街頭募金詐欺の実例

それでは実際に街頭募金詐欺の実例を、
いくつかご紹介していきたいと思います。

新宿でアジア系女性に声を掛けられ・・・

新宿駅で人を待っていた時の事。
子供達が写った写真を持ったアジア系の女性に「少しでもいいので募金をしてください」と話しかけられたのです。

彼女は紙とボールペンを持っていて、そこにはそれまでに募金をした人の名前と募金金額が書かれていました。ちなみに、そこに書いてあった募金金額は2000円。

そして、何の疑いもなく募金しようと500円を渡した瞬間、ある日本人男性2人組に声をかけられたのです。
「辞めた方が良い。それは募金詐欺だから。」と。

正直、彼らが何を言っているのか分からなかったので、「えっ?」と男性2人の話を聞こうとした時すでに女性はどこかへ行ってしまいました。

そして、彼らの話を聞いてみると
「最近、こういった募金詐欺が増えている」
「ちゃんとした団体ならこういう場所で募金をしない」
とのことでした。

難病の子供の支援募金を偽り、逮捕された詐欺師たち

大阪市内などで難病の子どもの支援を名目に募金活動を行っていたNPO緊急支援グループという任意団体の主宰者(34)と代表者(60)が、5月31日に逮捕されました。

このグループは、04年10月頃から、大阪の繁華街に突如として出現し、揃いの服を着た若者が、大々的に街頭募金活動を行っていました。でも、その割には募金の使途を聞いても明確な答えが返ってこないなどの不審な点が目立ち、“謎の街頭募金団体”として疑惑が深まっていました。しかも、その活動がマスコミ等で問題視され始めた04年末に、突然、活動を中止し、姿をくらましてしまったのです。

○○ちゃんを救う会

最近、「○○ちゃんを救う会」というのが多く存在します。

おととしの陽佑ちゃんを救う会では、134,113,100円を集め、105,808,311円を使ったそうです。
その中には米国渡航費・滞在費・医療費等送金にも4,238,000円使われています。
すなわち手術代だけでなく、アメリカでのホテル代等の滞在費も自腹ではなく、募金でまかなったようです。

また同HPには、「新居に移った」「新しいおうち」との記述があり、どうやら家を新築したようなのです。募金は3000万円余りました。
同HPでは「残高が出た場合は、帰国後しばらく陽佑ちゃんの様態が十分に安定するまで、会で保管しておきます。」と記述されていますが、本当でしょうか?

親切心で募金をした後、それが街頭募金詐欺だと知った女性

私は先日、関西方面に出かけた際、関西空港近くのアウトレットのショッピングセンター前の歩道橋の隅々で大々的に、そんな(子供の難病)募金活動をしている集団に会いました。
涙が出てしまうぐらい気の毒な難病を看板に掲げていましたので、思わず僅かながらですが募金箱に千円をいれました。

しかし、後日それがインチキだった事が大々的に報道されそれを見て非常に腹立たしい思いをしております。
別に千円がどうこうじゃなく気持ちが腹立たしく思います。
その後も別に団体が街でヌケヌケと募金活動をしていると「このインチキ野郎!」と唾を吐きかけたくなる位です。

街頭募金をしていた、明らかに慈善事業をやるとは思えない人達

オレンジ色のおそろいのジャンパーを着た怪しげなグループは、やはり詐欺団だった。平成23年秋ごろから、
大阪府内で、実在する難病の女児(5)への支援を呼びかける募金活動を行っていた男5人が大阪府警に逮捕された。
長髪、無精ひげ、感じられない真剣さ…。とても慈善活動をしているようにはみえないメンバーに、「本当か?」
と詰め寄る通行人も少なくなかった。

募金額の99%を懐に入れていたNPO法人

活動費と称すれば何でも許されるわけではない。

12年、難病の女児を救うといって募金活動していたNPO法人の理事らが逮捕されたが、被害総額約1160万円のうち、実際に女児の父親に渡ったのは13万円。
集めたお金の99%以上が本来の目的以外のものに使われた計算だ。はたして、正当な募金活動と詐欺の境界線はどこにあるのか。

■街頭募金に対する、街行く人々の声

街頭の募金は、基本的に疑うようにしてます…絶対にダメですね。勉強になります。 震災の義援金も、とくに注意が必要だと思います。 twitter.com/yaccho0626/sta…

1 2