1. まとめトップ

前歯だけの部分的な矯正の場合、比較的「矯正装置による痛みや負担が少ない」ところも魅力です

歯列矯正は、コンプレックスや第一印象を良くすることができます。歯列矯正は大きく二つに分かれます。それは「全体矯正」と「部分矯正」です。やはり一般的なイメージとして「歯列矯正は高価だ」というイメージがあるかと思います

歯の生え方や、どのくらい歯並びが乱れているかなど個人差があるので、部分矯正ではなく全体矯正が必要だと診断される場合もあります。 部分矯正が可能な場合は、さらに精密な検査へ進みます。そして実際に矯正装置を施す段階を経て、矯正装置であるワイヤーなどの調節・メンテナンスをしながら矯正していきます。

部分矯正と全体矯正の最も大きな違いは「矯正費用の違い」です。部分矯正は、その言葉通り部分的な矯正を施すため、全体矯正よりも施術箇所を減らすことができます。費用が抑えられるのはこのためです。 部分矯正はまず、そもそも部分矯正が可能かどうかの診断が行われます。

部分矯正のメリット

部分矯正におけるメリットの一つ目は「短期間で歯列を矯正できる」こと、二つ目は、気になる部分だけを治すことができます。また、全体矯正では対応できず必然的に部分矯正となるケースもあります。

期間を短くできる

前歯の部分矯正は歯が動きにくい奥歯を動かさないため、矯正期間を短くすることができます。奥歯の歯は顎の骨が厚く、歯の根も太いために歯を動かすのに時間がかかります。全体的な矯正治療は2〜3年、部分矯正は半分以下の6ヶ月〜1年程度で治療を終えることができます

費用を安くできる

前歯の部分矯正は装置が少なく、期間も短いため費用を安くすることができます。全体的な矯正治療は60万円〜120万円程度と毎月の処置料1回5千円程度かかります。部分矯正は5万円から30万円程度で期間も短いため処置料も少なく済みます。

部分矯正のデメリット

部分矯正では治せない場合がある

歯並びや咬み合わせが顕著にずれている場合、部分矯正では矯正しきれません。というのも部分矯正は、部分的な歯のいびつさを矯正するためには特化していますが、全体的に整えたい場合には、全体矯正の方がより均一な仕上がりになります。

歯を削る量が多くなる

全体的な矯正と比較した際に、歯と歯の間を削る量が多くなる場合や、前歯のエナメル質を削る恐れがあります。エナメル質は、極力削らない方が歯への負担が少ないため、より多くエナメル質を削ることになれば、歯自体が弱ってしまう可能性もはらんでいます。

全体的な矯正と比較して見劣りする

あくまで部分矯正ですので、全体的な矯正と比較して見劣りする、上下全体の咬み合わせを考慮しきれないなどの点もデメリットとして挙げられます。全体矯正と比較すると、他の歯とのバランスなどが取りきれない部分もあるため、どうしても治療の際に妥協しなければならない部分が出てきます。

1