部分矯正と全体矯正の最も大きな違いは「矯正費用の違い」です。部分矯正は、その言葉通り部分的な矯正を施すため、全体矯正よりも施術箇所を減らすことができます。費用が抑えられるのはこのためです。 部分矯正はまず、そもそも部分矯正が可能かどうかの診断が行われます。

出典全体矯正よりお得な部分矯正の費用とメリット・デメリット

前へ 次へ