歯の生え方や、どのくらい歯並びが乱れているかなど個人差があるので、部分矯正ではなく全体矯正が必要だと診断される場合もあります。 部分矯正が可能な場合は、さらに精密な検査へ進みます。そして実際に矯正装置を施す段階を経て、矯正装置であるワイヤーなどの調節・メンテナンスをしながら矯正していきます。

出典全体矯正よりお得な部分矯正の費用とメリット・デメリット

前へ 次へ