1. まとめトップ
  2. ガールズ

ただ切るだけじゃダメ!美容師さんから学ぶ「枝毛」の処理方法♪

枝毛があると髪の毛が痛んだ状態にも見えるし、ヘアスタイルもなかなか決まらない。枝毛が進行しれば髪をとかしている時に切れてしまうこともあります。そんな時は美容師さんから枝毛の処理の仕方を学びましょう。

更新日: 2016年10月18日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
116 お気に入り 89607 view
お気に入り追加

▼キレイに伸ばしたいのに出て来る枝毛…。

枝毛があると髪の毛が痛んだ状態にも見えるし、
ヘアスタイルもなかなか決まらない。枝毛が進行しれば髪をとかしている時に切れてしまうことも。

最近枝毛が増えて困っている、枝毛の原因を詳しく知りたい

▼みんなも結構見つけてる…ホントにショックだよね。

▼気になって、枝毛探しばっかりしていませんか?

枝毛を見つけるとブルーになる人も多いはず…。
その反面、探すのが止められない、
見つけたらすぐ切る、裂く癖があるという人も。

枝毛を探してみたり、あるいは白髪を抜いてしまったり!
なんて仕草を無意識にしていたことはありませんか?

無意識で髪を触る女性は少なくありません。そして、枝毛を見つけては抜く、引きちぎるという行為を繰り返す人も……。

「枝毛を見つけると裂くクセがやめられない」という人も。

▼そもそも枝毛ってどうして出来るのだろう??

髪を保護しているキューティクルがダメージをうけて開いてしまい、その開いた隙間から髪の主成分であるたんぱく質や脂質が流失します。そのため、通常は固定されて縦に繋がっている髪の繊維質の絡まりがばらばらになり、髪が縦に裂けて枝毛になります。

パーマや脱色など、化学成分によってダメージを受ける事が多いだけでなく、ドライヤーの熱などでもダメージを受けてしまいます。

ストレスも原因の一つになります。ストレスは、緊張感から血管が収縮し、血行不良をもたらします。血行不良の状態では十分な栄養素が行き渡らないため、結果として健やかな髪が育まれません。

▼枝毛を放置していいことはない…。

枝毛は、髪の毛の痛みの表れで、あって良いものではありません。

そのまま放置すると枝毛の裂け目が広がっていきます。そしてその裂け目から、さらに栄養分が滲み出していき、悪化の一途を辿ります

▼だからと言って、むやみに「抜く」のも「裂く」のもダメ!

毛根を痛めるだけじゃなく、
毛先がパサパサしてまとまらなくなる!

根元は健康な髪の毛なので抜いてしまうと毛根を痛めてしまいます

1 2





lulu0803さん