1. まとめトップ

【発毛・育毛】薄毛の悩みを解決!!発毛情報まとめ

相談しずらい薄毛の悩み。CMで話題の発毛剤は効果があるのか?どうしたら抜け毛は減るのか?髪に関する悩みを解決!!

更新日: 2016年10月27日

かつお丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1474 view
お気に入り追加

■薄毛の原因を知ろう

男性ホルモンの影響

年齢と共に薄毛が進行するのは、基本的に男性です。これは、男性ホルモンが薄毛を進行させる働きを持っているから。正確には、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという物質の作用でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わってしまうことが原因です。DHTには抜け毛を促進させる働きがあるため、毛髪が成長できなくなってしまいます。

■O型?M型?どちらのタイプか見極める

頭頂部から髪が薄くなる原因は主に「血行不良」です。
てっぺんが薄くなっている方の頭をよく見ると、頭皮が「赤い」方が多いですよね。これが血行不良であるということを証明しています。
血行が良い人は、頭皮が「青(白)」っぽい色をしています。

おでこの生え際から薄くなる原因は主に「遺伝」だとされています。なので、比較的改善しにくいと言われています。
しかし、諦めるにはちょっと早いです。というのも、あくまで「薄毛になりやすい」ということが遺伝するのであって、「100%薄毛になる」というものではありません。
そして、この「薄毛になりやすい」原因には「男性ホルモン」が関係してきます。
ここで言う男性ホルモンとは「テストステロン」のことを言います。

■薄毛対策まとめ

1・発毛剤

毛母細胞に作用し、脱毛後に新しく発毛させることを目的とした商品です。 養毛剤・育毛剤が既に生えている髪の毛の状態を維持するものであるのに対し、発毛剤は積極的に髪の毛を発毛させるために、毛母細胞の活性化や細胞分裂が期待できる成分が配合されています。 発毛剤は薬事法で医薬品に指定されたものが多く、医師から処方される医療用医薬品と、薬剤師がいる薬局等で購入できる第一類・第二類・第三類医薬品とがあります。

発毛剤の種類

男性型脱毛症の進行を促進させる5α-還元酵素の働きを抑制する

米食品医薬品局(FDA)では「飲む育毛剤」として認可されている医薬品。 医療機関での処方が必要で成人男性専用。

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防

壮年性脱毛症に有効な医薬品で、約30ヵ国で大衆薬として販売。

毛の再生周期を正常に戻すことから育毛効果を促進

旧・リゲイン。米国製と同名に名称変更。2003年3月。 最良の結果を得るには、最低4ヶ月は継続使用が必要。

血管拡張効果で毛根に栄養と酸素を供給することで、発毛を促進する

男女兼用。 頭皮や毛根に対する血行促進作用を高め発毛促進薬。

成長期の毛根が退行期へ移行するのを防ぎ、毛細胞を活性化して発毛を促進

もともと人の体の中にある物質を主成分としているため、体内での分解が早い。

発毛剤の効果は?

プロペシアは臨床試験で効果が数値として現れたというデータがあります。

プロペシアの効く割合ですが、薬品情報による年齢別・男女別・体系別の効果実証は確実性はありませんが、100人が使用して、かなりの効果があった人は20人、少しだけ効果ありが30人、効果がなかった人が50人とあります。

頭頂部が薄くなっているタイプの薄毛の方を対象とした臨床試験では、48週間プロペシア1mgを服用された方で改善ありと判定されたのは58.3%であるのに対し、プラセボ(薬の成分が入っていない偽薬)を服用されていた方の改善率は5.9%でした。これは、プロペシアを服用することは、服用しないのに比べて改善効果があると医学的に言える結果です。

発毛剤の副作用は?

発毛剤の副作用は、頭皮などの塗布した部分の症状だけでなく、循環器系などの症状があらわれる場合があります。

1 2 3





かつお丸さん