施設内ではメルトダウンが繰り返され、ストロンチウム90やセシウム137などが川に垂れ流されつづけたそうだ。

出典世界の超危険地帯 その5!たった1時間で死に至るロシアの湖『カラチャイ湖』の秘密がヤバすぎる・・・ | Ungra News

湖水でフタをしていたのだが、1967年に深刻な干ばつに見舞われ、水位が下がり沈殿物が露出し、周辺地域を汚染しました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【※閲覧注意】 絶対に行ってはいけない世界の危険な場所

掲載スポット:バーンガル砦(インド)/ラムリー島(ミャンマー)/サン ペドロ スーラ(ホンジュラス)/カラカス(ベネズエラ)/カタコンブ ド パリ(フランス)/ベーリッツ陸軍病院(ドイツ)/人形島(メキシコ)/ダナキル砂漠(エチオピア)/カワイジェン(インドネシア)/カラチャイ湖(ロシア)

このまとめを見る