瀬川晶司のプロ編入をきっかけに、アマチュア選手が棋士になる新たな道筋が模索された。2006年の棋士総会の決議により、アマチュアからプロへの編入について、以下のような「フリークラス編入試験」が制度化された。

出典棋士 (将棋) - Wikipedia

この瀬川晶司五段の例を基に、アマチュアからプロになる編入試験の道筋が開かれることとなりました。
その結果、今泉健司アマがプロ試験に合格しアマチュアからプロになることができました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

将棋界で起こったの衝撃的な出来事ベスト15(平成編)

平成以降に起こった将棋界のビックニュースをランキング形式でまとめました。※ランクは個人の判断によるものです。

このまとめを見る