1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

冷静に議論せよ?!…柏崎再稼働を認めない知事の当選に様々な声

新潟県知事選で柏崎原発の再稼働反対を推進する米山隆一氏が初当選しました。様々な声が上がっています。

更新日: 2016年10月17日

9 お気に入り 20448 view
お気に入り追加

・新潟県知事選で原発の再稼働反対を推進する米山隆一氏が初当選

米山さん 当確おめでとうございました。 未来への責任をしっかり果たし、新潟を繁栄させるよう頑張ってください。

前知事も祝福。

新潟県選挙管理委員会の開票結果によると、同知事選の投票率は53.05%。米山氏は52万8455票を獲得し、52.2%の得票率だった。

当初の与党楽勝ムードを吹き飛ばして激戦を制したことは、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に対する県民の反対の強さを全国に示した。

・対決構図が鮮明に

与党から国政選並みの応援を受けた森氏。

同選挙は3期12年務めてきた泉田知事の任期満了に伴って行われた。

選挙戦は米山氏と森氏の事実上の一騎打ちとなり、柏崎刈羽原発の再稼働問題が最大の争点だった。

連合新潟が森氏を支持したため、民進党は自主投票としていた。だが、終盤、蓮舫代表ら幹部や地元議員は野党共闘を重視して、米山氏支援に転じた。

全国市長会長も務めた森氏は、与党から国政選並みの応援を受けたが、支持は広がらなかった。

・改めて原発の再稼働を認めないことを明言した

米山氏は同原発の再稼働について、「約束した通り、皆さんの命と暮らしを守れない現状で認める事はできない」と明言。

東電に対して厳しい姿勢を取ってきた泉田裕彦知事の立場を引き継ぐ姿勢を改めて強調した。

▽米山氏当選には様々な声がえがっている

・世論調査

再稼働について「反対」「どちらかといえば反対」を合わせた回答が60・9%となり、「賛成」「どちらかといえば賛成」の計24・2%を大きく上回った。

知事選で与党系候補が「脱原発」勢力の支援を受けた候補に敗れ、安倍政権による原発再稼働に反対する地元の民意が鮮明になった。

・古賀茂明「全国の原発再稼働に影響を与える結果」

元経産省官僚で原発再稼働に批判的な古賀茂明氏は、「柏崎刈羽だけでなく、全国の原発再稼働に影響を与える結果だ」と指摘。

その一方で「県議会は圧倒的に自民党。県議会と完全に対立すると(政策が)動かなくなる」と述べ、同原発再稼働をめぐる賛成派と反対派のせめぎ合いはさらに続くとの見方をしている。

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する