1. まとめトップ

バスケの五十嵐圭が戦力外? 妻・本田朋子を支えた両親の言葉が熱い

2013年にバスケットボール選手の五十嵐圭(いがらし けい)と結婚した本田朋子(ほんだ ともこ)アナウンサー。実は昨年夫が戦力外を受けていた。ベテラン選手を襲ったピンチ、失望の本田朋子アナに届いた両親からのメールが心の支えになったようです。

更新日: 2019年01月28日

3 お気に入り 25772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼実力主義のスポーツの世界、本田朋子アナの夫が戦力外を受けていた

昨年は絶好調のシーズンを送りながら、今年5月に三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋から突如戦力外通告を受けた五十嵐。

「退団を聞いた時はうそでしょ?って感じで。『もううちのチームにはいりません』って言われたようなことじゃないですか。プロ選手だったら仕方のないことなんですけど、ずっとそばで応援していた私にとっては自分が言われたような気持ちになっちゃって…」

・そんな時に届いた父からのメール

「贈る言葉 人間至る所青山あり 父と母 木の上からじっと見ている 以上」

「人間至る所青山あり」とは、成功するためならどこにでも行って活躍の場を求めよ、という意味。

「不幸とか残念なこと、悲しいことっていうんじゃなくて、ポジティブにとらえることは父から教えてもらったと思いますね」と気持ちが晴れたという。

▼いつクビを切られてもおかしくないベテラン選手、ネットでも話題に

本田朋子アナ、夫とともに新潟へ 突然の戦力外通告に涙も…(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-… #Yahooニュース 戦力外通告受けてたのねー

バスケで36までプレーできるのは一握りだからな・・・現役続けられてるだけでも大したもの 本田朋子アナ、夫とともに新潟へ 突然の戦力外通告に涙も…(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-… #Yahooニュース

本田アナのお父さん感動の言葉やん〜 本田朋子アナ、夫とともに新潟へ 突然の戦力外通告に涙も…(スポニチアネックス) - Y!ニュース #Yahooニュースアプリ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-…

五十嵐くんも36歳なのか。。今のBリーグの前身が発足したころは看板選手やったよね。 本田朋子アナ、夫とともに新潟へ 突然の戦力外通告に涙も…(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-… #Yahooニュース

▼里田まいや小島よしおなども取っているアスリートフードマイスターとは?

本田アナは昨年、スポーツのための食事学の基本知識と理論を理解し、食事に生かす知識を身につける「アスリートフードマイスター」の資格を取得。

コンディションを整えるために、そしてアスリート自身の体をつくる上で非常に重要となる食事。もちろん、管理栄養士などがアスリートに直接指導をすることもありますが、生活と密接に関わる食事は、特に家でのマネージメントが重要になってきます。何をどんなタイミングでどのくらい食べたらよいのか。アスリートフードマイスターは、食事をトレーニングの一部と見なし、スポーツのための食事学を伝える人なのです。

五十嵐は「妻と結婚して一緒に暮らすようになって、ここ2~3年は大きなけがもなくて、いいコンディションで。特にシーズン中ですね。シーズン中体調をうまく維持できているということがけがにもつながっていないのかなと感じていますね」と妻への感謝を口にした。

▼野球選手と結婚することが多い女子アナ、バスケの五十嵐圭との馴れ初めは?

五十嵐とはアナウンス室の先輩を通じ食事をする機会を持ったが、当時は「全くタイプじゃなかった」とキッパリ。本田は「私はヒゲ面とか毛深い人とか、男っていう感じの人が好きだと思ってた」と苦笑いを浮かべた。

それでも「代官山のジェラート屋さんに行って一個を二人で分けたんですけど、こんな感覚久しぶり」と振り返った本田は、無意識ながらも五十嵐に惹かれていたようで「自分の気持ちを確かめるために意地悪を言ってみたりしていた」と恥じらった。

食事に行くようになってから約2ヵ月後に告白されたという本田は、五十嵐から「ずっと待ちます」と言われると、「そこまで言ってくれる人はこの先現れないかもしれないと思った」と交際に至った経緯を明かした。

・両親の影響が強い本田朋子の結婚観

本田は、父親が独立して事業を起こす時に、母親が「リヤカーを引いてでも、あなたを支えるからどうかやりなさい」と背中を押した一言を紹介し、「その姿を見ていて、家庭っていうのはこうやって支えていくんだ(と思った)。(結婚する時は)『この人が無一文になった時でも、自分が支えていけるか』という観点で相手を選んだ」と、収入は結婚に関係がなかったことを示唆。

▼現在夫の五十嵐圭はBリーグの新潟アルビレックスBBの司令塔として活躍中

両チーム最長の37分5秒間、コートに立ったベテランは、たくみにチームのリズムをつくった。

トップスピードのドリブルを仕掛けながら、味方にスペースを空ける。ボールを保持して指示を出しながら、隙を見ては素早いパスをリング下に入れるなど、強弱もつける。

▼Bリーグはスタートしたばかり、夫の活躍を見守る本田朋子アナ

▼その他のアスリート妻の話題はこちら

1 2