1. まとめトップ

「夫婦の生活費」気になる項目別節約ポイントを探る

生活費の節約ポイントについて項目別にまとめています。

更新日: 2017年01月17日

29 お気に入り 22718 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夫婦で生活を営んでいくにあたり、必ず必要になってくる生活費。

各家庭における生活費の中で項目別の節約のコツなどについて
まとめてみました。

○いくらぐらいかかるのか?

新婚カップルの生活費は、1カ月あたり平均して21.0万円。
住む地域によって数万円の差があり、地域別に見てみると、2014年度の生活費平均は、首都圏が21.8万円、東海エリアが20.3万円、関西エリアが20.5万円という結果になりました。

主な出費項目
・食費
・住居費
・光熱費
・通信費
・保険料
・交際費
・娯楽&教育費
・医療費
・交通費
などがあります。

本人の意識次第で一番節約しやすいのが、交際費や娯楽&教育費でしょう。
ついで、食費、光熱費なども努力次第で節約しやすい項目です。
逆に、削れないのが、医療費や交通費なのではないでしょうか。

節約の考え方‥ 光熱費などを我慢しながら削るより、まず娯楽費の見直しから始める!

↓生活が苦しいのに奥さんが働こうにも保育園はどこもいっぱい 知ってますか? 夫婦共働きするなら北海道では車が2台必要なこと(°_°) 維持費も自己責任

夫婦揃って 被害うけているから 何かあった時 もうどうにもならんだろう。生命保険も解約して 何とか生活費にあて 生き延びてはいるが ・・何かあった時の保険も もう意味がない。来年の1月には車検もあるが ・・こんな田舎じゃ 車がなければ何も出来ない

夫婦2人の最低日常生活費は、月に23.2万円かかる。ゆとりある老後生活をするには、月に38.3万円かかる

◆食費

食費は、毎回安い食材で完全に自炊するのであれば、月に3万円に抑えられます。

私は節約上手ではありませんが、やはり1週間分をまとめ買いする方が、毎日その都度買い物に行くよりは、食費を抑えられると思います。お肉やお魚も大きなパックで買って、その日のうちに、1食分ずつ仕分けして、冷凍するのがコツです。

【ネットを使って食費の節約】 ネットを使えば、今ある食材でなにができるか、かんたんに調べられます。それができれば冷蔵庫の中身が乏しい時でも向かうところ敵なしです。応用して、特売のチラシに載ってる安い食材でなにができるかもかんたんに調べられるので、大きな節約もできます。

【節約術②】重い荷物を持って歩く! 歩き回るとすぐ疲れて、帰ろうかな…という気分になる。買おうか迷う時に有効!いえに帰っても忘れられなかったら買えば良いし、忘れるならその程度だったということ!

ベランダで野菜栽培しよう ベランダで野菜を栽培することで、スーパーで買わなくても済み、食費を節約できる。

◆光熱費

ユート「風呂の時間だ」ユーゴ「一番風呂もーらいっ!」遊矢「おまえは子供か!」ユート(光熱費節約のために、結局今日も三人で入るわけだが)

エアコンや電気毛布に比べて光熱費の節約になる湯たんぽを活用しよう!湯たんぽで太ももや腹部を暖め全身の血流を活発にすることで、血行が促進され、冷え性などへの効果も期待できます。

【賢い節約術その7】冷房の下で扇風機をつけると電気代の節約になります。賢く電気代を節約しましょうね!●参考サイトgooマネー

【節約術】 新しく照明を買わずに部屋を明るくしたいときは、壁には白や黄色っぽい色のポスターを貼り、カーテンもその系統の色にすると部屋が明るくなる。

一人分の少ない量を料理するのは以外と難しいし。 時間も光熱費もかかるので大変です。 そんな時は、お茶碗に洗ったお米を入れてアルミホイルで蓋をし、そのまま15分オーブントースターへ15分、そのまま蒸らしで20分もすれば、あっという間に出来て、時短で光熱費も節約できます。

圧力鍋は、蒸気の圧力を利用して高温で調理するから普通の鍋に比べて調理時間が3分の1から5分の1になるよ。硬い肉を早く柔らかくもするんだ。時間短縮で光熱費の節約にもなるから人気だぽく〜。 ☆調理器・適材適所☆ goo.gl/qgW4es

1 2