1. まとめトップ

3S政策

3S政策(さんエスせいさく)とは、Screen(スクリーン=映画)、Sport(スポーツ=プロスポーツ)、Sex(セックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策であり、そのような政策があったとの主張である。
戦前期から「ユダヤ人の3S謀略」などと呼ばれ、非難や批判の対象となっていたが、戦後に連合国軍占領下の日本での諸政策を批判するものとして安岡正篤により広く使われていた。

日本を全く骨抜きにするこの3R・5D・3S政策を、日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した、あるいは、これに乗じて野心家が輩出してきた。日教組というものがその代表的なものであります。そのほか悪質な労働組合、それから言論機関の頽廃、こういったものは皆、この政策から生まれたわけであります。
— 安岡正篤

3Rはアメリカの対日占領政策の基本原則、5Dは重点的施策、3Sは補助政策です

基本原則としての【3R】(Revenge―復讐、Reform―改組、Revive―復活)

重点的施策としての【5D】(Disarmament―武装解除、Demilitalization―軍国主義排除、Disindustrialization―工業生産力破壊、Decentralization―中心勢力解体、Democratization―民主化)

そして補助政策としての【3S】(Screenー映画やテレビ、Sportースポーツ、SEX-性産業や歪んだ性知識)

第二次世界大戦終結後においての中央情報局のスパイ#協力者(エージェント)であった正力松太郎(Cryptonym for Matsutaro Shoriki. コードネーム:PODAM。Cryptonym for Matsutaro Shoriki. コードネーム:POJACKPOT-1)読売新聞(Yomiuri newspaper, Japan. コードネーム:POBULK)日本テレビ放送網(Free Japan Broadcast Productions. コードネーム:PODALTON。Nippon Television Corporation. Matsutaro Shoriki associated with Project. コードネーム:KMCASHIER)、朝日新聞社の緒方竹虎(Cryptonym for Taketora Ogata. コードネーム:POCAPON)等のリストがアメリカの情報公開制度で2007年に公開された

正力 松太郎は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。位階勲等は従二位勲一等。富山県高岡市名誉市民。京成電鉄OB。

緒方 竹虎は、日本のジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事

1:アメリカを無条件に支持し、アメリカに服従する政党と政権を他国に成立させ、そのための資金をアメリカが提供する。

2:この買収資金は、アメリカの税金ではなく、他国でアメリカが麻薬を密売した利益を提供し、アメリカが経済的負担を負わない方策を取る。

3:マスコミ操作を通じアメリカが常に「善」であると他国の市民を洗脳し、アメリカを批判する言論をマスコミに「登場」させない。アメリカ映画、音楽を大量に流し、アメリカが「すばらしい」国だと連日宣伝する。

4:学校教育においては、丸暗記中心の学校教育で思考能力を奪い、アメリカへの批判能力を奪う。

5:教師への絶対服従を学校教育で叩き込み、「強い者=アメリカへの絶対服従」を「子供の頃から身に付けさせる」。

6:逆らう言論人、ジャーナリストは、そのジャーナリストのセックス・スキャンダル等をマスコミに流し失脚させ、必要であれば軍の諜報組織を用い、事故に見せかけ殺害する。

7:他国の食料、エネルギー自給を破壊し、米国に依存しなければ食料、エネルギーが入手出来ないようにシステム化し「米国に逆らえないシステム」を作る。

<スクリーン>
1.映画は予告プログラミングである。
映画やテレビでは、人が何度も死ぬ場面が繰り広げられている。銃撃されて死んだり、爆弾が爆発して死んだり、ウイルスで死んだり・・・これらを何度も何度も刷り込むことで、現実にそれが起こっても、誰も反応しなくなる。例えば、どこかで爆弾テロが起こっても、「ああ、爆弾テロか・・」程度の感覚になる。衝撃が起こらない。慣れの問題なのだが、映画やテレビで、そういった場面に慣れておけば、実際、社会で虐殺やテロ、戦争が起こっても無感覚でいられる。無感覚になるということは無抵抗ということ。

2.映画はガス抜きである。
世の中に対して、誰しも不満はある。特に現代社会や政治に対しては、多くの人が不満をもっている。古代ローマ帝国では、国民の不満をガス抜きするために、パンとサーカスを広めた。サーカスや剣闘士の戦いを見て、国民のフラストレーションを解消させた。現代の映画やテレビも同じである。人が殺されるシーンを何度も見せ、悪い奴が何度も倒されるシーンを見せれば、あたかもそれを経験したような錯覚になり、フラストレーションが解消される。これにより社会悪に対する不満が解消され、社会に隷属させることができる。いわば奴隷化である。

<セックス>
1.男を骨抜きにする
闘争心が旺盛な若者を飼いならす最も効率的な方法がセックスである。セックス(風俗やアダルト作品)を流行させることで、彼らの精力(攻撃力)をセックスに向けさせ、ガス抜きさせる。
2.恋愛ドラマで、女性達を洗脳する
恋愛ドラマの普及は、一般女性の価値観を大きく変えた。これにより恋愛が大流行し、多くの若い女性たちが恋愛に全エネルギーを集中することになった。そのため、社会悪に対する女性達の鋭い追及は消え失せた。

<スポーツ>
1.体力を消費させる
社会悪に対する戦いは、体力も要求される。しかし、若者たちがスポーツにウツツを抜かし、そこで体力を消費すれば誰も社会悪に対して闘うことはしない。若者にスポーツをやらせて体力を消費し、ストレスも解消させれば、社会がどんなに腐っていようが、若者はそんな問題はどうでも良いと思うようになる。
2.フラストレーションを解消させる
これは映画と同じ効果である。運動したあとは気分爽快。汗と一緒にストレスも流される。社会悪、政治問題など知ったことではない。このような状態では、世の不正を正すために、国民が立ち上がる、ということはない。確かに現代社会は平和であるが、洗脳されたロボット人間が住む、飼いならされたペット人間が住む平和な社会でしかない。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」である。ウォー・ギルトと略されることもある

こちらのまとめもどうぞ!

【調べてみよう!】戦後の日本を作ったアメリカの作戦   WGIP   3S政策   分割統治政策

村井チェアマン「日本人はものすごいスポーツ好きだって彼らのリサーチで」「非常に珍しい国民だって彼ら言ってました」 3S政策やられたの日本だけだからな。

宗教の持つ本質や戦後からの歴史教育、3S政策etcを理解すれば答えは簡単なんですが。それを理解していながら平和憲法などと夢物語に陥るのは、タダの奴隷根性にすぎないと私は思います。#憲法改正 カルタゴはなぜ滅んだのか?! google.co.jp/url?sa=t&rct=j…

道徳軽視、3Sの奨励、ことなかれ主義の政策、無気力・無信念、義理人情の抹殺、俗使・属僚の横行、否定・消極主義、自然主義、刹那主義、尖端主義、国粋主義の否定、享楽主義、恋愛至上主義、家族制度の破壊、民族的歴史観の否定。

【3S政策】で日本人は「愚民化」させられているからね。政治的なこと、経済的なことから目を背けるように促されているんですよ。わざと。

1 2





星を押すと
ミラクルいいことが
起こります。
凄い幸せが訪れます。
押せ!
おすのだぁああああ!(念力)

RRR!!! ALWAYS GIVE TNX!!! BLING!!!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう