1. まとめトップ

【広瀬すず】実写映画『四月は君の嘘』 あらすじ・キャスト・情報・画像まとめ【山﨑賢人】

実写映画『四月は君の嘘』 あらすじ・キャスト・情報・画像まとめ

更新日: 2016年10月19日

2 お気に入り 9791 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

odekomanさん

大人気コミック「四月は君の嘘」が映画化!

2016年9月10日全国ロードショー

2011年5月から2015年3月にかけて「月刊少年マガジン」(講談社刊)にて連載され、”泣けるラブストーリー”として第37回講談社漫画賞を受賞。
2014年10月から放送されたアニメも、「SUGOI JAPAN Award2016」でアニメ部門第1位を獲得するなど、各界から高い評価を受けた「四月は君の嘘」。
累計発行部数500万部を超える大人気ベストセラーが待望の映画化を果たしました。

本作のヒロインで自由奔放な個性派ヴァイオリニスト・宮園かをり役には「海街diary」で脚光を浴び、「ちはやふる-上の句・下の句-」、「怒り」など2016年注目の映画に出演、ドラマ・映画・CMにひっぱりだこの女優、広瀬すず。
また、そんなかをりに惹かれていく元天才ピアニスト・有馬公生役には、NHK連続テレビ小説「まれ」や映画「ヒロイン失格」、「orange-オレンジ-」、「オオカミ少女と黒王子」など話題作への出演が続く、若手実力派俳優、山﨑賢人。
今、最も旬で透明感あふれるふたりが、音楽によって導かれていく青春ラブストーリーで初共演します。

さらに、公生に恋心を抱く幼馴染・澤部椿役には映画「ソロモンの偽証」、「世界から猫が消えたなら」、ドラマ「仰げば尊し」に出演するなど、音楽だけでなく女優としての活躍も期待されるE-girlsの石井杏奈。
かをりが恋をする公生の幼馴染・渡亮太役には「家政婦のミタ」で話題となり、大河ドラマ「真田丸」にも出演するなど、次世代スター候補の中川大志と、最高にフレッシュな組み合わせが実現。
4人が織り成す、切ない恋模様は必見です。

メガホンを取るのは「僕の初恋をキミに捧ぐ」(09)、「潔く柔く」(13)など、淡く揺れ動く心情を描くことで知られる恋愛映画の名手・新城毅彦監督。
主題歌は、いきものがかりが本作のために書き下ろしたミディアムバラード「ラストシーン」。
温かいメロディと優しい歌声が、ピュアなラブストーリーをカラフルに彩ります。

今をときめく若手俳優たちが織り成す青春×音楽×ラブストーリー
優しい嘘に隠された、切ない真実を知った時、誰もがきっと涙します。

ストーリー

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山﨑賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。

高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。

勝ち気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のようにつかみどころのない性格―

そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏に惹かれていく公生。

かをりの強引な誘いをきっかけに公生はピアノと”母との思い出”に再び向き合い始める。

ようやく動き出した公生の時間。
だが、かをりの身体は重い病に侵されていて…

キャスト

宮園かをり / 広瀬すず

公生の友人・渡のことを好きだという椿のクラスメイト。
自由奔放で個性的なヴァイオリニストで、ピアノを弾くことができなくなっていた公生をコンクール伴奏者に指名する。
しかしかおりには秘密があって…

1998年6月19日生まれ、静岡県出身。
2012年に雑誌「Seventeen」の専属モデルとなり、13年、ドラマ「幽かな彼女」で女優デビュー。
15年、「学校のカイダン」でドラマ初主演。

映画「海街diary」(15)で日本アカデミー賞新人俳優賞他、数々の賞を受賞。
「ちはやふる-上の句・下の句-」(16)で映画単独初主演を果たした。
今後の公開作に「怒り」(16)、「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」(17年公開予定)などがある。

有馬公生 / 山﨑賢人

幼い頃、母から厳しい指導を受け、コンクールで多数優勝した経験を持つ天才ピアニスト。
母の死後、ピアノの音が聞こえなくなってしまう。
かをりとの出会いをきっかけにピアノと”母との思い出”へ向き合っていく。

1994年9月7日生まれ、東京都出身。
2010年にドラマ「熱海の捜査官」で俳優デビュー。
映画「管制塔」(11)で映画初主演。

15年にNHK連続テレビ小説「まれ」、「デスノート」で幅広い人気を獲得し、映画「ヒロイン失格」(15)、「orange-オレンジ-」(15)が大ヒット。
日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。
その他の主な出演映画に、「L♥DK」(14)、「オオカミ少女と黒王子」(16)、「一週間フレンズ。」(17年2月公開予定)などがある。
16年9月クールの月9ドラマ「好きな人がいること」に出演。

澤部椿 / 石井杏奈

公生の幼馴染でソフトボール部所属のスポーツ少女。
公生にもう一度ピアノと向き合ってほしいと考えている。
公生を弟のように思っていたが、かをりが現れてから、公生への恋心を次第に意識していく。

1998年7月11日生まれ、東京都出身。
2011年にE-girlsのメンバーとなり、ドラマ「GTO」(12)で女優として注目される。

主な出演映画「ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判」(15)、「ガールズ・ステップ」(15)、「スプリング、ハズ、カム」(17年公開予定)、「たたら侍」(17年公開予定)などがある。
16年7月クールのドラマ「仰げば尊し」に出演。

渡亮太 / 中川大志

公生と椿の幼い頃からの友人。
サッカー部に所属しており、運動神経がよく、お調子者で、とにかく女子にモテる。
一方で友達思いの一面もあり、公生や椿のことを気にかけている。

1998年6月14年生まれ、東京都出身。
2009年に俳優デビュー。
「家政婦のミタ」(11)で一躍注目を浴び、「GTO」(12)、「水球ヤンキース」(14)、「南くんの恋人~my little lover」(15)など数々のドラマに出演。
映画は「青鬼ver2.0」(15)で初主演を務めた。
NHK大河ドラマ「真田丸」(16)にも出演。

瀬戸紘子 / 板谷由夏

日本屈指のピアニスト。公生の亡くなった母・有馬早希とは音大の同期。
早希が亡くなって以来、何かと公生の面倒を見ている。

1975年6月22日生まれ、福岡県出身。
『avec mon mari』(99)で女優として映画デビューし、ヨコハマ映画祭、最優秀新人賞受賞。

主な出演映画に、『運命じゃない人』(05)、『欲望』(05)、『ガール』(12)、『映画 ホタルノヒカリ』(12)、『ぼくたちの家族』(14)などがある。

有馬早希 / 檀 れい

公生の母。病気で他界している。自分が死んだ後も公生が音楽で生きていけるようにと、厳しく指導していた。

8月4日生まれ。
06年、『武士の一分』のヒロイン役でスクリーンデビューを果たし、日本アカデミー賞優秀主演女優賞、同新人俳優賞ほか数々の賞を受賞。

主な映画出演作に、『母べえ』(08)、『感染列島』(09)、『ガール』(12)、『利休にたずねよ』(13)などがある。

映画を彩るクラシック音楽

1 2