1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

まさかの韓国開催も…東京五輪の会場が見直しが検討されていた

2020年東京五輪カヌー会場について、IOCが、現計画の海の森水上競技場での実施が困難な場合を想定し、韓国での開催を検討していることが明らかに。どうなる東京五輪。

更新日: 2016年10月18日

14 お気に入り 56438 view
お気に入り追加

・東京オリンピックのボート会場で韓国の開催を検討

既に国際オリンピック委員会(IOC)が承認した現計画の海の森水上競技場が「最適な会場であるという基本姿勢に変化はない」とする声明を発表した。

同連盟は、宮城県でスプリントを開催した場合、各国のカヌー選手団が都内のスラローム会場と二手に分かれる必要が生じ「大きく地理的に分断することになれば、明らかに困難をきたす」と懸念した。

そして翌日の報道では?

2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場について、国際オリンピック委員会(IOC)が、現計画の海の森水上競技場(東京湾臨海部)での実施が困難な場合を想定し、韓国での開催を検討

・韓国開催を聞いた人は?

東京五輪じゃないしね。ボート止めたら?韓国開催とか不愉快過ぎる。 #韓国開催

オリンピックボート韓国開催っておかしくね?って言うとネトウヨって言う。 いや、普通に日本でやろうよ。

狂ったように金かけて狂ったように盛り上がって狂ったように収穫を得ればいいじゃないかオリンピック。なにがコンパクトだよなにが韓国開催だよバカじゃねえの。

・ボート会場問題とは?

小池知事は予算削減の立場から都外の施設活用。しかし、国際ボート連盟、日本カヌー連盟は反発。

経費を縮減するため、都が整備するボート競技場など3施設について、都外の施設活用に変更するなどの大幅な見直しを求めた。

東京都の調査チームが宮城・登米市の長沼ボート場での実施など会場計画の大幅な見直しを提案しているが、国際オリンピック委員会(=IOC)や競技団体からは反発の声が出ている。

3日(2016年10月)、国際ボート連盟のローランド会長が東京五輪のボート・カヌー会場「海の森水上競技場」を視察し、「素晴らしい施設だ。競技場に適している」と絶賛

日本カヌー連盟は「現在の海の森水上競技場が最適な会場だという基本的姿勢に変化はない」という声明を17日、発表

・小池知事は経費削減のために積極的に動く

小池百合子東京都知事が熱心に取り組む東京五輪・パラリンピック開催経費の洗い直しで、3競技施設の新設を見送り、既存施設の有効利用に切り替えてはどうかと都の調査チームが提案

小池知事は15日、移転先の1つとして検討している宮城県の長沼ボート場を視察。

コスト削減のため、宮城県が提案している東日本大震災の仮設住宅を再利用した選手村などを見て好感触

「海の森水上競技場」の整備費について、現行計画の491億円から300億円前後に削減する試算をまとめた

開催準備の調整責任者を務める国際オリンピック委員会(IOC)副会長は、遠方への会場移転となれば大会の価値を損なうと、強い警告のメッセージを出した。

小池百合子知事は18日午後、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らと都庁で会談する。

・その会談で話し合われること

2020年東京五輪・パラリンピックの開催計画などをめぐって意見交換するとみられる。

都政改革本部の調査チームは先月29日、ボートなどの会場「海の森水上競技場」(東京湾中央防波堤)を「宮城県長沼ボート場」(登米市)に変更する案を盛り込んだ報告書を発表

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう