1. まとめトップ
  2. カラダ

秋は「よく寝る」だけで痩せやすくなるみたい

ちょっとしたことでも睡眠の質は高まるそうです

更新日: 2016年10月18日

180 お気に入り 65756 view
お気に入り追加

実は、秋は「睡眠の季節」

読書の秋、スポーツの秋…など色々あるけれど、「睡眠」に適した季節!

暑苦しい夏が終わって涼しくなると、眠りが快適になります。暑すぎず、寒すぎもしない秋は、眠るのにうってつけの時季です、

秋は睡眠障害を改善するのにも適しているという。実際に、この時季に睡眠薬の量を減らしていく医師もいるそうです。

「寝るだけ」で痩せやすくなる効果が!?

良質な睡眠をとるだけで、体脂肪を分解するコルチゾールや筋肉の成長を助ける成長ホルモンといった痩せホルモンが分泌されます。

寝つきをよくして成長ホルモンをしっかり分泌することで、代謝がよくなり睡眠ダイエットの効果が得られると言われています。

気温が下がることで夏よりも基礎代謝がアップしています。脂肪燃焼の効率が高まっているので、ダイエットのチャンスです。

睡眠不足のときは、飢餓感を伝える「グレリン」が増えます。夜更かしが続いている人はより食欲旺盛になってしまうのだとか。

よく眠るためにはこうしよう

ついつい小さい明かりをつけっぱなしのまま寝てしまうという人も多いのではないでしょうか

電球の光でさえも深いノンレム睡眠が減少すると言われています。その影響で成長ホルモンの分泌を妨げ、痩せにくくなるそうです。

科学的にも、豆電球をつけて寝ている人は、真っ暗にして寝ている人と比べて肥満の割合が約2倍という調査結果が発表されています。

寝ている間の体温調整がうまくいかなくなると、睡眠の質が下がるばかりでなく、風邪を引く原因にも。秋には薄めの羽毛布団に変えるなど、寝具も調節しましょう。

6時間よりも短くなると、健康に害が出るほか太りやすくなったり、昼間に頭が働かなかったりすることも増えます。

光を浴びてから14~16時間程度経つと、睡眠を促すメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

運動はやっちゃダメ!?

仕事帰りにジムで激しい運動をするといったことは控えてください。夜に運動をすると、かえって眠りにくくなります。

激しい運動をする必要はなく、会社からの帰りにひと駅分多く歩いたり、軽く散歩をしたりする程度で十分です。

今のうちに痩せやすい体作りを!

ラクして痩せやすい体をつくるには、睡眠の質を上げるのが一番手っ取り早いです!

「睡眠の秋」を過ぎると、また眠りづらい冬がやってきます。今のうちに正しい睡眠習慣を身につけ、心身ともに快適に過ごしていきましょう。

1





チョコバナナクレープさん

クレープといったらチョコバナナっしょ♡

このまとめに参加する