1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

里田まいも愛用!“液体ミルク解禁検討”にいろんな声があがっていた

液体ミルク解禁検討がはじまりました。液体ミルクについてまとめてみます。

更新日: 2016年10月18日

pikstroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 120300 view
お気に入り追加

◆乳児用液体ミルク解禁へ、検討がはじまった

政府は、国内での販売が認められていない乳児用の液体ミルクを解禁する方向で検討に入った。

液体ミルクは、現在普及している粉ミルクに比べて乳児に飲ませる手間が少なく、販売解禁で育児の負担軽減が期待される。

液体ミルクが使えるようになったら便利だろうなー 荷物減るし作る場所探さんでいいし

◆そもそも液体ミルクって?

温める必要がなく、常温で赤ちゃんに飲ませることができ、さらに無菌状態で密閉されている

乳児用のミルクは、成分が牛乳よりも母乳に近く、乳児に必要な栄養素が加えられている。

常温で1年近く保管が可能で、手軽に持ち運べるため、海外では広く流通しています、容器にそのまま付属の乳首を装着して、赤ちゃんにのませることができるタイプが主流です。

◆便利という声もあるが日本では販売されていない...

慌てて外出しなければならない時や荷物を減らして外出したいときも、液体ミルクをバッグに入れるだけですので、準備も楽!

非常時の水が手に入りにくい環境では、粉ミルク用の水の確保はもちろん、哺乳瓶の消毒も困難です。液体ミルクなら水が手に入らなくても関係ありません。

液体ミルクの件 便利なものはどんどん使っていきたいよね~。粉ミルクは作るのに手間かかりすぎなんよ…

◆里田まいも愛用していた

既に出来上がってるから、蓋開けて、乳首の部分付けて飲ませるだけ!室温保存でいいのも楽~

未開封であれば長期常温保存可能、蓋をあけて乳首を付ければそのまま飲ませることが出来、水やお湯も必要なし。

◆熊本の震災時、液体ミルクで赤ちゃんが救われた

大きな災害が起きた時、清潔な水を大量に確保するのはかなり難しいことです。そんな時に液体ミルクがあれば、赤ちゃんを飢えから守ることが可能です。

お湯や哺乳瓶を使わなくてもすぐに赤ちゃんに飲ませることができる「乳児用液体ミルク」が4月下旬、救援物資としてフィンランドから熊本の被災地に届けられた。

◆一方で飲み残しなどの衛生面を不安視する声も...

開栓した後に、飲み残して常温に置きっぱなしにしたミルクを再度赤ちゃんに与えてしまうなど衛生面の問題も

面倒という人は、飲み残しの管理がちゃんとできるのかなぁ…。

乳児用液体ミルク、常温で保存可 飲み残しは要注意

◆また、「男性の育児に有効」として検討に入ったことへ不満の声も

1 2





pikstroさん

自由気ままに好きなものを好きなだけまとめます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう