1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中国すげぇwコピー商品が本家を追い抜いてきてる

中国がパクリ大国とはもう言えないかも…

更新日: 2016年10月19日

silverclaspさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 239642 view
お気に入り追加

中国のコピー技術が凄すぎる

本物のポケモンGOは、AR技術や位置情報を利用して、世界各地でポケットモンスターを捕まえたり、交換したり、バトルが楽しめるゲーム

そのポケモンGOの偽物と呼ばれている、中国のゲームアプリも話題となった

「宝貝球捕抓訓練為神奇宝貝GO設計」というやたらと長い名称のゲームがある

だが、この偽物は「訓練」とあるように、ひたすらモンスターを捕まえるトレーニングをするだけ

訓練とはモンスターを捕まえること

韓国ネクソン社が開発した人気スマホゲーム「Tree of Savior」だが、中国企業による盗作に苦しんでいる

2016年10月6日、韓国紙・中央日報が取り上げた

ツリーオブセイヴァーのキャラクターとゲーム方式のほとんどをコピーしたモバイルゲーム「迷城物語」

「Tree of Savior」中国語版をリリースするよりも前に、こちらの類似ゲームが公開されてしまった

「すでに中国のモバイルゲーム開発能力は韓国を追い抜いたが、韓国の優秀な知的財産権を使って盗作までするので打撃は大きくなるほかない」

巨大企業の会長が問題発言を...

「中国で作られるコピー商品は本物に負けない品質だ。しかも本物より安い」

コピー商品だって認めてしまった?

中国が誇る、世界最大のショッピングサイト「アリババ」。ここが、空前の量のコピー商品や粗悪品を世に送り出している

豊富のコピー商品がネット上に掲載されている

8割は偽物だと言われているが売上が...

アリババの昨年度の総取引額は3兆2500億円(約52兆円)にも達し、世界最大の流通企業に成長している

この金額は、米ショッピングサイト大手イーベイ(eBay)の実に5倍にのぼる

アメリカの類似サイトとの引き離しが凄い

この商品もコピーと呼ばれている...

それまでの常識を覆す破格な価格設定で世界を圧巻した「シャオミ(中国語名:小米科技、英語名:Xiaomi Technology)」

Xiaomiといえば、中国のAppleと言われ賞賛される一方で、そのリリース端末はいずれもApple製品を意識したもので、模倣(コピー)ではないかと指摘されることもしばしば

Xiaomiが一番最初に注目されたのはあまりにもiPhoneに似過ぎているスマートフォン「Mi 4」を発表した時

もしXiaomiが日本上陸したら国内メーカー軒並み死んでしまう…いや、ぶっちゃけ製品といいサイトといい全て見事にAppleのパクリだからそれはないか

本当に似すぎているんです

シャオミは本体価格を下げた分、クラウドサービスへの収益へ視線を変えたことによって常識はずれな低価格・高品質を実現

Xiaomiの2015年の売上高は、2014年の743億元(113億ドル)からわずか5%増の780億元(119億ドル)

しかし今年の評価額が凄かった!!

1 2





silverclaspさん

始めてみました。

このまとめに参加する