1. まとめトップ

ニキビの治療が美容皮膚科はもちろん、
皮膚科でも受けれるようになりましたね~。

赤ニキビだけならまだしも、
クレーターのようなニキビ跡や
どす黒く目立つニキビ跡は
メイクをしても隠しきる事が出来ない為、本当に厄介。

そんな中、
やはり「お医者様の手を借りたい!」と
思う方が多いですよね。

皮膚科でよく処方される
「ディフェリンゲル」や「ベピオゲル」の他にも
実はニキビに効果的な治療薬があるんです。

「どれを使い続けたらいいのかわからない・・」
「ニキビ跡が治らない・・」

そんなニキビ薬ジプシーのあなたにニキビが治る薬を紹介します。

ニキビ解決!メジャー度NO.1!のディフェリンゲル

ディフェリンゲルは保険適用のため、
30g処方 570円で購入可能☆彡

通販でも売られていますが、
保険適用にならないため
30g 平均4,800円程度
かかります。

「ディフェリンゲル」と言えば、
ニキビ、ニキビ跡治療で皮膚科に行ったことがある人なら
1度は聞いたことがあると思います。

それだけ、ニキビ治療者にとってメジャー度NO.1のディフェリンゲル。

どれだけニキビに効果があるんでしょうか?

ディフェリンゲルとは、2008年10月に認可された日本 初の外用レチノイドの保険適用のニキビ治療薬です。
欧米ではすでに10年以上前に認可され、現在もニキビの第一選択薬として処方されています。
世界80カ国以上で使用されており、認可間もない日本でもすでに多くの実績をあげています。

処方されたディフェリンゲルと殺菌の飲み薬がてきめんに効いたので、今日は普通に薬だけもらえれば良かったんですけどね。何か1時間も待たされた

@Heaviest_inlife 私も吹き出物すごくて、ニキビ用のディフェリンゲルとか使ってたんですが、ダイエット始めてから一気によくなりました!肌がキレイになると嬉しいですよね.+:。(´ω`*)゜.+:。

私ストレス性の突発的かつ沢山ニキビ出来ちゃって、ネット➕自己流ケアで悪化しまくったけど、皮膚科でディフェリンゲル処方されたら半年であれだけあったのに消えた。跡はあるけど。 ニキビ、ちょっとやばいかもってなったらネットで調べるより先に皮膚科行った方がいい。ディフェリンゲルは天才

嬉しい声が多数!!!

ディフェリンゲルに配合されている
アダパレン(レチノール)が皮膚細胞の毛穴を
皮脂で詰まらせないようにすることで
ニキビを防いでくれるんです!!

すでに化膿したニキビの治療にも期待大★

また、皮膚を過度に乾燥させてしまう
アルコールを含んでおらず、
油状でもないため、油っぽい残留物が残りません!

「日本のニキビ治療を変える」とまで言われている
優秀なニキビ治療薬ですが・・・・

その一方で、副作用が酷い・・・との声も多数・・>>

ディフェリンゲル使ってから肌荒れしてたとこの赤みやばいヽ(´o`; 副作用に耐えきれるかな。

いままでやった治療 ☆ディフェリンゲル とんでもなく皮が剥がれて大惨事。医師の指示で中止 ☆皮膚科でピーリング 全くの無意味でした……(笑) ☆ミノマイシン できてしまったニキビには非常に効果的ですが、慢性的なニキビや跡には効かず、また常習的に使えないデメリット…

‍ディフェリンゲルの副作用クソほど辛い顔中痛い頑張れ、、、2週間耐えろ。。。

ディフェリンゲルの随伴症状で肌がピリピリ(>_<) ニキビ良くなりますよーに!

皮膚科医にとっては、この副作用という呼び名は抵抗があります。
なぜなら、通常「医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般」のことを副作用と呼びます。が、ディフェリンゲルを使用して発生する症状は、薬の効果が現れてくることによって出てくる症状、つまり治療目的であるニキビの改善に沿った症状だからです。
そのため、皮膚科医の間では、副作用とは呼ばずに随伴症状と呼ぶことが多くあります。

ディフェリンゲル使用者に
副作用が出ている~~><

そのため、必ず処方してくれたお医者さんとの
ご相談が必要不可欠★

信頼できるお医者さん以外から貰っても
相談できなくて、副作用が・・・
なんてことになるので、信頼できるお医者さん
だったら、使用しましょう^^(笑)

お肌の乾燥を引き起こし、痒みやカサカサ、赤み、ヒリヒリ感などの副作用が生まれてしまいます。

これらの副作用はアダパレン配合の塗り薬を使用した方の8割が経験していると言われています。

それだけ強すぎる成分のため、妊娠中の女性は妊娠予定の方は絶対に使えない成分なのです。

↑上記でもっと詳しく、ディフェリンゲルに配合されている
「アダパレン」のメリットデメリットが書かれています。

日本では使用不可!?ニキビに効果がありすぎるアキュテイン

アメリカで重症ニキビ・紫ニキビの治療薬として
一番活躍しているのがこの「アキュテイン」。

ビタミンA誘導体が皮脂の分泌を強力に抑え、
重症ニキビを治す事が出来ます!!

アメリカのガイドラインでは。
「重症ニキビにもっとも効く薬」として紹介されている♪

しかし、日本では導入されていません・・・。

どうして、アメリカでは
一番活躍しているのに
日本では導入されていないの?

日本の保険診療ではアキュテイン(イソトレチノイン)が使えません。
なので、アキュテイン(イソトレチノイン)の取り扱いがある数少ない皮膚科でほそぼそと自費診療でイソトレチノイン療法が行われています。
アキュテイン(イソトレチノイン)が日陰に追いやられているのには、理由があります。

催奇形性
アキュテイン(イソトレチノイン)には催奇形性があります。
アキュテイン(イソトレチノイン)を含むビタミンA誘導体を大量に取ると奇形児が生まれるリスクが上がります。
妊婦はアキュテイン(イソトレチノイン)を絶対に飲んではいけません。
アキュテイン(イソトレチノイン)治療を開始するときは、妊娠していない旨を明らかにする同意書などを皮膚科・病院に提出させられることが多いです。

アキュテイン(イソトレチノイン)の内服で自殺が増えると発表されたことがありました。しかし、その後の調査では、自殺とアキュテイン(イソトレチノイン)のは関連がないとするものもあり、まだ結論に至っていません。
事実として、アキュテイン(イソトレチノイン)内服中の自殺未遂率は高いのですが、アキュテイン(イソトレチノイン)を内服しなくては行けないレベルのニキビがある人の自殺未遂率も高いため、どちらが原因になっているかがはっきりしないということです。
因果関係ははっきりしていませんが、アキュテイン(イソトレチノイン)内服中に心の変調をきたしたら、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

「重症ニキビに効くなら欲しいよ~」

実は、日本でも数少ないけど、「アキュテイン」を取扱いしています!

しかし、効きすぎる薬なため、保険適用はなし・・・。

全て実費になります。

アキュテインを処方してもらうためには
薬代+診察料+血液検査が必要なため、
大体1ヵ月に10,500~60,000円かかります。

自己診療のため、気になる方は
近くのニキビ治療専門皮膚科に電話してみましょう!

その結果、30代半ばで鏡と毎朝にらめっこ。ニキビ出来てない?その兆候はない?顔洗って薬塗らなきゃ。サプリ飲まなきゃ。もっと良い皮膚科ない?もっと良い洗顔料ない?化粧水ない?疲れた。。で、ついに最終兵器アキュテインを内服。100日経った今は、全くニキビ出来ない。(続く)

アキュテインを100日飲んで思うこと。あなたのニキビ出来る度が100だとして考えてみます。まず、思春期にニキビが出来始めたら皮膚科に行くと思います。そこでは90くらいにしかなりません。次にネットで調べます。洗顔料、化粧水、サプリ。。何年間もあれこれ手を出して何万円も(続く)

韓国で最流行!?殺菌効果が強いクレオシンT

1 2





ringo-chanさん