おなか納豆のK-2株をはじめとする納豆菌は,非常に安定な芽胞を形成するという特徴があり,納豆の中にも芽胞が含まれている。おなか納豆の関与成分であるK-2株は,「芽胞のまま腸内まで生きて届く。体内に入ったK-2株芽胞は,小腸の上部で一部が発芽し,この時,腸内の善玉菌であるBifidobacterium(ビフィズス菌の一種)増殖促進作用のある菌体成分を遊離。それにより腸内環境を改善,整腸作用を発揮すると考えられる」(旭松食品研究所三ツ井陳雄氏)という。

出典旭松食品,整腸トクホ「おなか納豆」の表示許可取得 腸まで届く納豆菌「K-2株」が腸内環境を改善

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

腸内のビフィズス菌を増やす納豆が発売!食べると一体どんなメリットが!?

納豆菌K‐2株の働きによって腸内のビフィズス菌を増やすとされる納豆がミツカンから新発売。腸内にビフィズス菌が増えるとどんなメリットが?

このまとめを見る