ビフィズス菌が糖を分解する際に産出する乳酸・酢酸といった成分が、腸内の有害菌を抑制します。有害菌によって作られるアンモニアやインドールといった腐敗産物を減少させるため、腸内環境が改善されます。腸内の環境が整うと腸のぜん動運動が活発になり、下痢や便秘といった症状の改善にもつながります。

出典【医師が監修】ビフィズス菌が体に与える効果 | ヘルスケア大学

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

腸内のビフィズス菌を増やす納豆が発売!食べると一体どんなメリットが!?

納豆菌K‐2株の働きによって腸内のビフィズス菌を増やすとされる納豆がミツカンから新発売。腸内にビフィズス菌が増えるとどんなメリットが?

このまとめを見る